FC2ブログ

第7回らいだぁ杯・決勝カバレージ

 とうとう、この日がやってきた。

 隙があるので自分語りをするが、筆者はウムルに関してだけは色々と拘りを持っている。
 大型大会での優勝・準優勝回数が最も多いのはウムルだし、今回のらいだぁ杯エキシビションマッチで使うデッキももちろんウムルだし、カバレージでウムルについて書ける日をずっと楽しみにしていた。

 今回、その機会がやってきたのだ!
 チーム「あ ウルシゴキブリさんだ~~」の「森へお帰り……」選手、通称しみずき選手が今回使っているのは2止めウムル。2止めだろうがなんだろうが、とうとうウムルが決勝卓に登場したのだ!
 それでは、カバレージをご覧いただこう。


 わっく選手(ピルルク)vsシロネコ選手(ウリス)


 ……あれ?



続きを読む

スポンサーサイト

第7回らいだぁ杯・準決勝カバレージ

 プレイヤーには『上位卓慣れ』というものがある。
 高い実力を持つプレイヤーであればあるほど上位卓への進出率が高くなり、それと反比例するように上位卓に進出した際に緊張する度合いは減っていく。
 今回準決勝卓のカバレージを書くにあたり白羽の矢が立ったのは、上位卓を何度も経験してきた『慣れ』ているプレイヤー同士の対戦だ。

「カバレージ書かれるの、拒否権あると思ってました」

『慣れ』ているプレイヤー同士の対戦、のはずだが……。試合開始前、この卓のカバレージを取ると話した際に緊張した面持ちでそう言ってきたのは、チーム『わくわく杯運営』の先鋒であるスリー選手だ。
 よく考えれば、上位卓に慣れてこそいれど、カバレージが書かれることの少ないWIXOSSでは『カバレージ慣れ』をしているプレイヤーは少ないだろう。

「自分と相手の記憶の中だけに留まるはずの試合内容が、文章化して大勢の目に晒される」という緊張感は、ただの上位卓の緊張とはまた違ったものがあるのかもしれない。思えば、無限に殴れるシグニを相手に拳で抵抗しようとしたプレイヤーの姿なんかもカバレージでは残っていたりする。
 ただまあ、ここはらいだぁ杯だ。嫌いなアニメを無理に見なくてもいい権利ぐらいは貰えるだろうが、運営陣がカバレージを取ると言った際の拒否権は、残念ながら存在していない。

 対面に鎮座する『第三回世界大会優勝チームの一員』であるきなこ選手と共に、試合をカバレージに収めさせてもらおう。


きなこ選手vsスリー選手




続きを読む

ロングタイム脳死ビート/《誘蘭の鍵主 ウムル=フィーラ》

続きを読む

シェム・ハザード/《共闘の鍵主 ウムル=フィーラ》

 ある男が「タウィルはシェムハザじゃなくZrとフレインでデッキを回す」と言いました。
 キーセレクションをmasterし、オールスターでオールルリグをマスターしようとしている男です。

Q.じゃあシェムハザって何で使うの?
A.(´-ω-)ウムル




続きを読む

第6回らいだぁ杯・決勝カバレージ

ほむけつ選手vsみつお選手




続きを読む

プロフィール

テラタカ

Author:テラタカ
ブログIDはclustertypeTにするつもりがタイプミスしました

WIXOSSめいんのかーどげーむぷれーやー
他の趣味としては長期人狼もやってます
基本はでっきおきばれぽおきば

各記事引用ふりー(とか書かなくても勝手に皆引用するか)

twitter:@terratakk
人狼BBS:terratakk

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR