FC2ブログ

第8回らいだぁ杯・決勝カバレージ

「久しぶり」

 筆者がカバレージ卓に行くと、今回オールスター枠を担当しているウルシハ選手がそう声を掛けてきた。
 よく考えれば、これで彼の試合をカバレージに収めるのは4回目となる。前回書いたのは第4回、master選手vsウルシハ選手のカバレージを書いた時だから――そうか、確かに1年半といえば『久しぶり』だ。

 久しぶりと言えど、既に何度も書かれている立場。カバレージを書かれることに緊張はしないのだろうか。
 ツイッターでアンケートを取ってみたところ、およそ30人ものウルシハ選手のうち半数以上が「未だに緊張する」と回答してくれていた。


 いや30人て

 彼は、前回優勝した『シロネコ選手、しみずき選手、ウルシハ選手』という3人チームそのままで今回の大会に参加している。
 前回王者として『彼らのチームの誰かに勝つたびに500円分のティム商品券』という企画が発動し、予選段階から通常以上の殺意をぶつけられてきた彼ら。しかし、この決勝卓に座って二連覇を目指している。その事実が、チームの総合力の高さを物語っている。

 筆者とウルシハ選手は何度もカバレージを取っている関係で面識がかなりある一方、対面に座るミヤモト選手は初のらいだぁ杯決勝だ。
 それもそのはず、そもそも彼は関西の選手である。今回らいだぁ杯→WIXOSS TAG TEAM GXという3連休連続での大型大会が開催されるにあたり、遠く離れた地から足を運んでくれた重鎮プレイヤーなのだ。

「横に誰もいなくて寂しい」

 らいだぁ杯決勝戦の伝統として、決勝進出チームは1対戦卓につき1つずつのテーブルで試合が行われる。
 なんだか心細そうにさりげなくぼやくミヤモト選手であるが、その実力を疑う余地はない。
 関東でその名を目にすることこそ少ないが、こと中部から関西にかけてでは大型大会で10回を超える優勝経験がある。
 世界大会にも出場しているプレイヤーで、この日も未だ黒星1つ。予選中には彼の使用デッキにとって『無理対面』と言われることが多いアルテマイオナに対して金星を挙げるなど、プレイングに関しても文句の付け所がない。
 チーム名が『ファンタスティックみやもと3』であることからも、今回の彼のチームが彼を中心に構成されていることが見て取れるだろう。

 "関東のモンスタープレイヤーvs関西の重鎮プレイヤー"。世界大会でもよく好カードとして登場する東西対決が、このらいだぁ杯決勝で始まった。




続きを読む

スポンサーサイト



第8回らいだぁ杯・準決勝カバレージ

 改めて言おう。とうとう、この日がやってきた。

 再び隙ができたので自分語りをするが、筆者はウムルに関してだけは色々と拘りを持っている。
 大型大会での優勝・準優勝回数が最も多いのはウムルだ。このらいだぁ杯の翌々日に開催された川崎セレモニーもウムルを使用し、残念ながら準優勝を1個増やす結果となってしまった。ともかく、「優勝以外は残念賞」ぐらいの感覚でウムルを使う程度には、ウムルというルリグに入れ込んでいる。たぶん。
 前回は某々亭のねへなんとかさんがカットインしてきたが、今回こそカットインはない。準決勝まで上がってきた唯一のウムルの対戦卓を執筆させてもらおう。


 ながやま選手vsアトリ選手




続きを読む

第7回らいだぁ杯・決勝カバレージ

 とうとう、この日がやってきた。

 隙があるので自分語りをするが、筆者はウムルに関してだけは色々と拘りを持っている。
 大型大会での優勝・準優勝回数が最も多いのはウムルだし、今回のらいだぁ杯エキシビションマッチで使うデッキももちろんウムルだし、カバレージでウムルについて書ける日をずっと楽しみにしていた。

 今回、その機会がやってきたのだ!
 チーム「あ ウルシゴキブリさんだ~~」の「森へお帰り……」選手、通称しみずき選手が今回使っているのは2止めウムル。2止めだろうがなんだろうが、とうとうウムルが決勝卓に登場したのだ!
 それでは、カバレージをご覧いただこう。


 わっく選手(ピルルク)vsシロネコ選手(ウリス)


 ……あれ?



続きを読む

第7回らいだぁ杯・準決勝カバレージ

 プレイヤーには『上位卓慣れ』というものがある。
 高い実力を持つプレイヤーであればあるほど上位卓への進出率が高くなり、それと反比例するように上位卓に進出した際に緊張する度合いは減っていく。
 今回準決勝卓のカバレージを書くにあたり白羽の矢が立ったのは、上位卓を何度も経験してきた『慣れ』ているプレイヤー同士の対戦だ。

「カバレージ書かれるの、拒否権あると思ってました」

『慣れ』ているプレイヤー同士の対戦、のはずだが……。試合開始前、この卓のカバレージを取ると話した際に緊張した面持ちでそう言ってきたのは、チーム『わくわく杯運営』の先鋒であるスリー選手だ。
 よく考えれば、上位卓に慣れてこそいれど、カバレージが書かれることの少ないWIXOSSでは『カバレージ慣れ』をしているプレイヤーは少ないだろう。

「自分と相手の記憶の中だけに留まるはずの試合内容が、文章化して大勢の目に晒される」という緊張感は、ただの上位卓の緊張とはまた違ったものがあるのかもしれない。思えば、無限に殴れるシグニを相手に拳で抵抗しようとしたプレイヤーの姿なんかもカバレージでは残っていたりする。
 ただまあ、ここはらいだぁ杯だ。嫌いなアニメを無理に見なくてもいい権利ぐらいは貰えるだろうが、運営陣がカバレージを取ると言った際の拒否権は、残念ながら存在していない。

 対面に鎮座する『第三回世界大会優勝チームの一員』であるきなこ選手と共に、試合をカバレージに収めさせてもらおう。


きなこ選手vsスリー選手




続きを読む

第6回らいだぁ杯・決勝カバレージ

ほむけつ選手vsみつお選手




続きを読む

プロフィール

テラタカ

Author:テラタカ
URLのclustetypetは
clustertypeTにするつもりで
タイプミスしました

ウィクロスをメインにしてる
カードゲーマーです
後は長期人狼もやってます

基本はデッキレシピ置き場
カバレージや考察も書きます

各記事引用フリーですが
一応報告あると
てらたかが喜びます

twitter:@terratakk
人狼BBS:terratakk

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
カウンター