FC2ブログ

全然しっくり来ない叩き台/《ペイル/メイデン イオナ》

 イオナもエルドラも買ったけどとりあえずイオナを先に。
 組んでて思ったんだけど、これ大器晩成使うデッキ相手に勝ち筋がない気がする。


続きを読む

スポンサーサイト



流石に

 全身全霊+再三再四+マンドレでどすんとダメージレース勝ってくるセイリュベイア<そもそもピルルクが苦手とする大器晩成を撃ち出す上にアヤボンのせいで死亡ラインがたった3ダメージなカーノ爆発轟炎<前環境から引き続きの安定感・アクゲの存在感が強い太陽タマ

 っていうメタゲームが展開されてる今の環境でピルルク握るのは無謀なんだよなあ、って話。

 そもそも、当初は「浮いた手札をマチュピで点数に変換しながら試合を進めれば勝てるっしょ! アンサプも出たし今太陽ばっかでピルルクへの意識薄いし、これ勝てるべ!」って感じで組んでた青黒も今では当然のように意識されるメタ上のデッキになってしまって、逆に使う気が起きていない。
 こだわりは大事だけど、こだわりすぎると勝てないんだよね。

 というわけで今はピルルクから離れて、少なくともメタゲームのうち2種に5.5割以上、もう1つにもプレイング次第で勝ちが拾える、みたいなデッキを模索中。
 おかげでまだアンスペが1枚しか取れていない(笑)

WIXOSS/「勝てる」デッキを作ろう!

 と、いうわけで前回のつづき。

「コンセプト(コンセプトカード、あるいはコンセプトになる動き)を決める」→「コンセプトとシナジーするカード、あるいはコンセプトとシナジーするカードとシナジーするカードを沢山入れる」→「40+10枚の束が出来たらひとまずそれで対戦してみる」→「必要なカード・不要なカードを選別し、枚数を調整していく」→「またシナジーするカードを探していく」、という一連の動作がデッキ作りの基本だ、といった話を、前回の記事では説明しました。

 こと「デッキ作り」において、僕はこれが100%正しいと思っています。
 しかし、あくまでそれは「デッキ作り」という部分だけです。前回の記事の始めに言った「勝ちたいでしょ?」「負け続けるのは嫌でしょ?」という部分については一切触れていません。

 つまり、僕はまだ、僕がデッキを作るときに考える「ちょこっと」のうち「ちょ」ぐらいまでしか説明してないんです!

 貴方が「自分でオリジナルなデッキを組んで、ほんの少しだけでも勝てるデッキが組めた」ってくらいで十分楽しめると言うのなら、僕はこの記事を見ることを薦めません。
 プレイヤーにはトーナメントプレイヤーとカジュアルプレイヤーがいて、カードゲームにも人それぞれの楽しみ方があります。カジュアルプレイヤーに「勝てるデッキを組む方法」をこんこんと聞かせたところで、何の意味もないでしょう。時間の無駄でさえあります。

 けど、「違う、俺は勝ちたいんだ、大会で優勝してコングラッチュレーションカードを貰ったり、知り合いから尊敬の眼差しを向けられたり、地域でふんぞり返ってるプレイヤーをアッと言わせてやったりしたいんだ!」なんて思ってる人。
 そんな人は、今から話す「ちょこっと」の「こっと」にあたる所を読んでみてください。

 それでは、つづきから。



続きを読む

WIXOSS/デッキを作ろう!

 今までの記事で何度か、僕は「デッキを手に取ろう!」「デッキを作ってみよう!」といった発言をしてきました。
「アドバンテージ」、「シナジー」といったカードの強さを紐解く方法を書いてきたのも、全部、デッキを組んだり対戦でカードを使ったりする上で重要なことを理解してもらうためでした。
 けど、ちょっと今日自分の記事を読み返してて、気付いちゃったことがあります。

 デッキの作り方そのものについて、ほとんど説明してねえ!

 うん。
 カードの強さを見る方法については、滅茶苦茶書いてたんです。枚数でアドバンテージを取るカードは強い、枚数で計算できないアドバンテージを生み出せることがある、カードの組み合わせが生み出すシナジーは強い、みたいに。
 けど、デッキ作りについて、僕は「これらを生かしてデッキを組んでみよう!」としか言ってませんでした。

 よく考えたら、そんなので、まだカードにあまり触れてない人がデッキを組めるわけがありません。
 デッキを組む方法を知らないプレイヤー(要するに、WIXOSSが初カードゲームとなる人)は、デッキを組む方法を知っているプレイヤー(要するに、他のTCGから流れてきたとか、他のTCGのサブでWIXOSSやってる人)に大きな差をつけられてます。大会優勝者を見ると、現状ほとんどが別TCGからの参入プレイヤーです。

 でも、せっかく始めたゲームで負け続けると、モチベーションは下がりますよね?

 だから、今から、デッキを作る時に(少なくとも僕が)考えることを、ちょこっとだけ書いちゃいます。


続きを読む

青黒精械・3弾直後/《コード・ピルルク・Ω》 

 結局コングラバロックは優勝で8枚、じゃんけん勝ちで1枚の9枚入手でした。うち8枚は金策のために消えてゆきました。合掌。

青黒精械ver2

 3弾発売によりどんな感じの変化が生まれたかだけ書いていきます。前の記事から変わってないカードは役割もあんまり変わってないってことです。
 つづきからどうぞ



続きを読む

プロフィール

テラタカ

Author:テラタカ
ブログIDはclustertypeTにするつもりがタイプミスしました

WIXOSSめいんのかーどげーむぷれーやー
他の趣味としては長期人狼もやってます
基本はでっきおきばれぽおきば

各記事引用ふりー(とか書かなくても勝手に皆引用するか)

twitter:@terratakk
人狼BBS:terratakk

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR