FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WPS出てないのにいつの間にか準優勝してました/《紅蓮乙女 遊月・肆》

 前もこんな感じのタイトルで記事書いたな。

 というわけでこんにちはてらたかです。
 実は新弾直後ってカードをロクに見てないことが多くて構築が上手くキマることが少ないんですけど、今回は発売2日後のWPSでそのまま準優勝まで行けたぐらいの構築はできたので、いつも通りまあ勝てたレシピとして載せます。

 ※実際に準優勝したのはらいだぁっていう僕の身内です※




レシピ
デッキコンセプト
回し方
各カード解説
各対戦相手への立ち回り
投入検討カード


■レシピ■

『DMY/《紅蓮乙女 遊月・肆》』

-LB
《幻竜姫 スヴァローグ》×4
《幻竜姫 ムシュフシュ》×1
《幻竜 ボルシャック》×4
《幻竜 エキドナ》×2
《幻竜姫 #スパザウス#》×3
《幻竜 #イグアノドン#》×2
《サーバント O3》×4

-非LB
《幻竜 アパト》×4
《幻竜 グリアナ》×4
《幻竜 #ステゴケラス#》×4
《幻竜 #ドラコレクス#》×4
《サーバント O2》×4

-LRIG
《spread WIXOSS》
《焔 遊月・壱》
《焔悔 遊月・弍》
《花咲乱 遊月・参》
《紅蓮乙女 遊月・肆》
《龍滅連鎖》
《四面楚火》
《紆余曲折》
《暴風警報》
《一蓮托生》


■デッキコンセプト■
 発売2日後に新デッキに殺される気分はどうだ~~????wwwWWWWWwwWWWwWWww


■もうちょい詳しく■
 いやコンセプトは完全に冗談で、単純に前から龍獣軸の遊月は組みたいと思ってたところにめっちゃ強力なボルシャック・綺麗に噛み合う緑龍獣・死なないという強力なバックを持てる紅蓮遊月、と一気にカードが登場したからこれは組まなきゃなと思って組んだってだけの話です。

 実は一度四戒で組んではいたんですが、正直曲折出てからは緑を積まない意味がなくて、それなら火鳥でふつーに攻めた方が強いじゃんとなっていたので……。

 で、新弾出たらとりあえず紅蓮遊月は組むだろうと構築を考えてはいたんですが、関西WTFに行った関係で完璧に金欠だったため、少なくとも大会で使えるのは給料日以降かな……と思ってたんすよ。
 そしたら発売日当日にらいだぁさんがパーツ持ちながら構築悩んでたんで、これはタイミングぴったりじゃんと思って、そのまま組んでもらいました。

 結果は秋葉原のマジッカーズWPS(だっけ?)で準優勝。
 後一歩のところで決勝で轟炎に後手取ってリコダスを回避しきれず負けちゃったらしいんですけど、かなり勝てた感じだったみたいです。


■回し方■
 基本的にはデッキ全体の龍獣を綺麗にシナジーさせ、ハイパワーなビートダウンで5~6t前後の決着を目指します。
 鉄板の動きは「3t目のアパトボルシャック→4t目のボルシャックスヴァ設置で一気に削っていく」です。
 この動きが綺麗にできるかできないかでかなり決着に差が出てきます。


■各カード解説■

・《幻竜姫 スヴァローグ》
 最強アタッカーであると同時に相手のエナ数を縛れるシグニ。
 基本的にはエナ数を調整しながらアタック時除去で削る役目を持ちます。ボルシャックAT除去→ダブクラで相手のエナはほぼ確実に3以上伸びるため、ランデス能力も発動しやすいです。

 緑子相手には積極的に2枚立てていきたいです。特に、このカードが生きていると鯖Zが起動できない・相手が3止めだと因果応報が撃てない状況になるため、相手は絶対にこのカードを処理しなければならなくなります。
 3止め相手のオサキを落としたりできれば大体勝ちです。


・《幻竜姫 ムシュフシュ》
 自称サイキョーのドラゴン。
 ランデスと噛み合わせることで大型ボルシャックになります。ボルシャックとの最大の違いはやはり11000以上をアタック時バニッシュできることで、相手にLB蘇生を許さずに詰めを行う際には必須になってきます。

 逆にそういう詰めのタイミング以外で使う機会は少ないように感じたため、今回の構築では1枚に抑えてあります。托生曲折があれば大体は拾いたい時に拾えるため困らないですが、いざという時にライフに埋まっていたら笑えないので1枠増やしてもいいカードではあります。


・《幻竜 ボルシャック》
 デッキ名のDMYって「デュエルマスターズユヅキ」の略なんですよ。

 このデッキを使ったらいだぁさんってデュエルマスターズ好き好き大好き絶対デュエマって感じの人で、前から全然デュエマ要素ない自分のデッキにも「デュエマウリス」「デュエマタマ」みたいに一々デュエマって付ける頭のおかしいおもしろい人だったんですが、今回はボルシャックのおかげでしっかりデュエマを名乗れるようになりました。

 そういう裏話はともかく、このデッキのメインパンチャーにしてフィニッシャーです。
 龍獣32枚のこのデッキではトラッシュ条件を達成するのも簡単で、ひとたび龍獣が10枚を超えれば「アタックフェイズはパワー16000以上」「アタック時10000以下をバニッシュし、そのままダブルクラッシュ」という凶悪なパンチャーになります。
 このカードを全力で使っていくための構築と言っても過言ではなく、実際サイキョーはこいつみたいな所もあるのでもちろん4投です。


・《幻竜 エキドナ》
 ぶっちゃけて言うとLv1の笠増し枠で、低級シグニが十分だと判断したらヴィーヴルに回す枠だったりします。
 パワーが高いバニラを選択して相手からのフルパンを避ける選択肢もあったといえばあったのですが、3t目にディスアドを作らない1:1交換を行いながらトラッシュを肥やせる、といった選択肢の増加が見込めるためこのカードを採用しました。


・《幻竜姫 #スパザウス#》
 アトリさん曰く「関西のおばちゃんみたいな絵」。緑のおばちゃん……交通安全……?
 紅蓮遊月の出現時を発動した後のすっからかんなエナを一気にケアしてくれる、事故回避の役割を持ったシグニです。なるほどだから緑のおばちゃんか。

 下段効果はスヴァともムシュともボルシャックとも相性が良く、3:1交換以上の性能を発揮することも割とあります。というかこいつの出現時で2アド稼ぐことができてれば実質1:1です。
 強力ではあるものの、スヴァやボルシャックと違って2面出したいことはほぼない・3回以上出すようなカードでもないということから採用は3枚に抑えました。


・《幻竜 #イグアノドン#》
 かわいい。
 基本はアドの取れる龍獣です。4t目以降スパザウスの方がアドが取れるため、採用数は少なめ。
 ただ、3t目にこのカードを使いたいタイミングが地味に存在しているため2枚の採用。詳しくは後述。


・《サーバント》
 合計8枚。
 緑龍獣のヒット率・ボルシャックの強化を考えると限界でも10枚、基本で8~9枚程度の採用に落ち着くんじゃないかなあと思いました。
 WPSで使った構築では全部Lv1ですが、托生→曲折のおかげでピン投でも回収できるっちゃ回収できるため、現在ではO3が1枚T3に変わっています。


・《幻竜 アパト》
 なんだこの最強シグニ。オリカか?

 火力・好きな龍獣のリクルート、おまけに大体パワー12000と強いことしか書いてないシグニです。3t目に引けてればそれだけで動きがスムーズになる素晴らしい潤滑油であり、確実に試合の流れを作り出す1枚であるため、文句なく4枚採用。


・《幻竜 グリアナ》
 なんだこの最強シグニ。オリカか?

 相手の甘えたエナをすぐさま焼き払える強力なシグニです。このカードの存在のせいで他のルリグは構築・プレイにある程度の制限が出る、と言っても過言ではないと思ってます。特に混色しまくってるピルルクとしては。
 なんやねんこいつ。

 特に減らす意味も思いつかず、こいつ以上に強い龍獣も今のところない感じだったので4投。3枚だけでもアパトで持ってくれば簡単に仕事ができるので、今後強い龍獣が出てきたら3にしていい枠ではあると思います。


・《幻竜 #ステゴケラス#》
「このカードは4枠も採用する必要なくない?」と言われることが多そうなシグニ。
 けど、個人的には「これを3にするぐらいならドラコレクスを3にする」と思っている枠です。
 ほぼほぼ1t目にアド0からしか起動できないドラコレクスを4採用するなら、エナ3あっても使用可能で、2~4t目のどこでも発動タイミングが存在してるこっちの採用を増やす方が賢いと思っています。

 特に重要なのは、こちらの方がアパトボルシャックと噛み合っている、という点。

 このデッキは、「3t目、アパトで1面を焼き、そこにダブクラのボルシャックを立てる」という動きを採用しています。
 が、3t目までにトラッシュに落ちる龍獣は、基本的にグロウコスト3枚分のみ。アパト起動で手札の龍獣を1枚切るとして、後2枚どうにかして数を稼がなければなりません。

 そういう際、出現時にエナを+1することによって実質リソースの損をなくすことができるこのカードは非常に重宝します。
 イグアノドンの2投も、この「リソース変換を行うことでディスアドをなくす」という動きを補強するための投入という点が大きいです。

 というわけで4枚。新規プロモでLv2とシナジーする龍獣が出るらしいので、なおさら枠を減らせなくなるのではないかと思います。


・《幻竜 #ドラコレクス#》
 さっき言った通り、枠を減らしていくならこちらを減らすと思われる1枚。
 ただ、現時点では特に減らす意味もないため普通に4投。


・《spread WIXOSS》《焔 遊月・壱》《焔悔 遊月・弍》
 Lv0のspread採用は、前々から言った通り相手の先手1tツー・ダストをケアすることができるため必須だと思っています。というわけで安定枠。


・《花咲乱 遊月・参》
 花咲き乱れって読むらしいです。
 紅蓮乙女の出現時を任意効果にするための1枚。コストのない出現時は強制発動っていうルールが、ねえ。
 同型戦でここが轟炎罪の場合緑エナがじゃんじゃん焼かれるという問題もアリ。大体そんな感じです。


《紅蓮乙女 遊月・肆》
 つよい。そしてなんとなくメカメカしくてかっこかわいい。
 一部の界隈では遊月をママと呼ぶどぎつい風潮があるらしいですが、このカードはアネキとかねえちゃんってイメージです。

 色事故を起こさずグロウし、出現と共にライフを稼ぎ、ロングショットでは絶対に死なず、仕方なく削りを入れてくる相手に対しエナチャ効果でリソースを稼ぎフィニッシュに向けて詰められるという、単体でかなり完結した強力なルリグです。花鳥風月の時代に存在していたスーサイド的なイメージはどこ行ったんでしょうね?
 リミット11も詰めでは特に強力で、ムシュの欄で説明した通り相手の面を開けずにショットまで持ち込むことが可能。
 火鳥とはまた違った持ち味を持ってます。


・《龍滅連鎖》
 サイキョーよこのカード。サイキョー!
 止め系相手のエナを飛ばしたりもしますが、実は最近はバニッシュ+1点回復を選択することが結構多いです。点数回復が生存に直結するからつえー。
 托生と合わせると3エナでのムーブになります。


・《四面楚火》
 Lv4まで上がる相手に絶対的な死を押し付けるフィニッシュカードです。
 かなり強い一方で止め相手には腐りますが、その止め相手にはボルシャックの維持が回答になりやすいため、前よりは入れやすくなりました。


・《紆余曲折》
 超スーパーハイパーアルティメット再三再四。
 ゲインやAMSを除去しつつ、あるいはエナを伸ばしつつ好きなカードを回収できるのは正直言ってインfoチキです。

 托生と合わせるとなんでもサーチできるカードになるというのは重要ムーブの1つで、特にムシュサーチをする機会は結構あるはずなんで覚えておきましょう。


・《暴風警報》
 防御アーツ。
 鯖と合わせれば確定で貰う点数を1に抑えることができます。火鳥では微妙感が結構ありましたが、ライフ3をキープすることに意味のあるこのデッキではかなり強力です。
 基本は普通に防御に使いますが、4にグロウする直前に撃ってライフ回復時に吐くリソースを減らすような使い方も時々はするので、使い道は意外にも沢山あります。


・《一蓮托生》
 まいふぇいばりっとあーつ。
 龍滅を実質3エナにする、曲折で好きなカードをサーチする、デッキの鯖をエナに持ってきて緑龍獣のヒット率を上げる、緑1から暴風を撃つ、最悪これでマユExを耐えるなど、目茶苦茶役割が沢山あります。
 汎用性の塊すぎて、轟炎にも3緑子にも2枚投入するぐらい好きなカード。この構築でも採用しました。

 他の採用候補としては多元・絶滅・龍導波とかになるんでしょうか? あんましっくり来ない感じはするなぁ……

 余談ですが、ターン開始時に4エナあれば、エナチャ→龍滅→托生→曲折→楚火で確実に全ランデス+1面空けからのアタックができます。
 この流れを厨2っぽく「滅生折火(めっしょうせっか)システム」って呼んでるんで是非広めてください(笑)


■各対戦相手への立ち回り■
 個人的に、「ドローソースが薄い・軸になる動きがある」というタイプのビートダウンは、その軸になる動きがほとんどの相手に対してある程度強いことが多いです。
 このデッキも例に漏れず上記の「アパトボルシャック→ムシュボルシャック」が大体の場合で強いので、この盤面を狙っていくことになります。

 後は細部の話か。


・vs轟炎
 楚火が完璧に腐る相手になります。苦戦を強いられることが結構多いでしょう。
 基本的には混色になることが多いため、相手のエナをグリアナで焼きつつ、グリアナ・アパトでの高いパワーラインを維持していれば、ある程度ライフを残したまま4にグロウすることができるはずです。
 後は曲折を使って2t続けてボルシャックスヴァの盤面を作っていればかなり勝ちやすくなります。
 相手のエナから落とす優先度としては、
1.マルチエナ(当たり前)
2.緑(残っていると托生から簡単に動かれ、また龍滅の存在も怖い)
3.黒(マイアズマ、たまにジェラゲなど怖めのアーツが多い)
 となると思っています。


・vsピルルク
 序盤から点数を詰めていく動きが火鳥よりは薄い一方、4に乗ってしまえばサメホタルAMSで即死パターンを作られることがなくなりました。
 基本はできるだけ早く相手のライフを2まで削り、最後にボルシャック2枚+スヴァまたはムシュボルシャックスヴァの盤面を作ってやるプランになります。


・vsウリス
 エニグマを連打されるとどうしても辛くなる相手です。つらくなっちゃえ☆
 基本的にボルシャックを可能な限りキープし続けることで相手のエニグマ許容範囲を超えるダメージをたたき付け続けるのが重要になってきます。
 ALCAエニグマを何度も撃たれるのが怖い一方、途中のエニグマを1回でも止めてしまえば勝てるはずなので、もしウリスが多いようなら多元を採用するのが手っ取り早いでしょう。


・vsタマ
 オーラが怖いのでライフキープはしっかりと。以上です


・vs緑子
 スヴァキープを最優先にし、相手に処理強制を押し付けます。

 幻獣軸が相手の場合、ソウリュウセイリュで盤面を作られるのが地味にウザく、締めにムシュが必須になってくる相手です。
 下手に殴るとこちらがLv3の時にワンショットされる危険があるので、相手にパンチを誘われても下手に殴るのは禁物。相手のライフ4ぐらいから狙っていくようにしましょう。
 相手が3止めの場合も、相手のライフが4の時点からワンショットを飛ばすのが鉄板です。一応、スヴァを立てておけば相手は曲折を1回除去に使用する必要が出るため、計算を狂わせることができます。

 植物鯖軸の場合、マルチエナを飛ばしながらスヴァを押し付けて行きましょう。
 とは言ってもカーノで割と処理されてしまうのは困りもの。出てきたローザリカーノはすぐ叩くように。
 もしスヴァがワンチャンスで生き残った場合、相手は鯖Z起動も因果応報も撃てないため、超イージーゲームになります。まあほとんどないでしょうが。
  


■投入を悩んだカード、これから投入したいカード■

・《幻竜 ヴィーヴル》
 5枚目のグリアナであると同時に、寝ないグリアナです。
 相手の場の鯖をアパトで焼き、そのままマルチエナ焼きを呼ぶといった場合に強力で、もし入れられるならピンで採用しても良いと思ってます。


・《多元描写》
 ウリス、タマのオーラを止められるカードです。この2種が増えるのであれば採用のチャンスがあります。


・《龍導波》
 汎用性は低くないんですが、このカードが最重要になるっていう相手が見つからなかったために投入は見送られました。
 龍滅からチェイン0エナで繋がる点は優秀っちゃ優秀で、また、ライフ2からのショットを狙っている相手にはリソース消費の少ない除去になるので、入れるぶんには特に問題ないと思います。
 にしてもなんでこれLRなんだろ……。



 というわけで、紅蓮遊月の記事でした。
 記事、と言う割に「運営が想定していたであろう紅蓮遊月」ほぼそのものっぽいドストレートな構築で、あんまり捻りもないような感じになっちゃいました(笑)
 現時点でもそこそこ勝てはしますが、同型が完全に先攻ゲーになる、なんだかんだアパトが安定供給できないなどまだ甘い部分も多いイメージなので、これから更に改造できればなぁと思ってます。

 それではまた。
 多分次の記事は、こないだのWTFのレポか、あるいは立川WPSで使った轟炎の記事になると思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

自分も紅蓮遊月を研究中なので、大変助かる記事です。ありがとうございます!

オロチを採用してない理由と、鯖OではなくO3を採用している理由を差し支え無ければ教えて頂けないでしょうか?

No title

>名無しさん

 オロチ不採用の理由ですが、自身が突破力を持っていないためです。
 アタックで確定1アドという文面だけを見ると強力に見えますが、実際のところ、ムシュフシュ・ボルシャック・スヴァは「大体の場合、相手に処理・あるいは防御を強要することによりエナ1以上のアドバンテージを奪える」という文面以上のパフォーマンスを生み出します。
 また、オロチの持つランデス能力・ダブクラ能力が他の効果で十分代用できるというのも大きいです。もっとコンスタントに場を開けられるデッキなら採用圏内かもしれませんが、この構築では圏外となりました。

 サーバントについては単純で、「手札→エナ」のリソース変換が容易な一方で「エナ→手札」のリソース変換が困難なためです。
 緑龍獣を使えばエナは必要数まで伸ばせることが多い一方、手札は序盤から節約して使っていかねばならないことが多く、そのためバーストはドローに寄せました。

>てらたかさん

ご返答ありがとうございます。

自分で回してみた結果、オロチピンでは役割はイマイチでした。

なのでスパザウス辺りを増やす方向で検討したいと思います。

鯖Oについても、基本的に紅蓮遊月で盾を増やしたいので、それまでの過程でLBとして出ると面倒でした。

4月からもヤモリの登場で構築がまた変わりそうです。

てらたかさんの記事は非常に助かるのでこれからも積極的な更新を待ってます。

No title

>名無しさん

 助けになっているならば幸いです。
 これからも円周アカシックをよろしくお願いします!(笑)

いつも読ませて頂いてます

非常に丁寧な解説で、自分が使う場合も相手に使われる場合も対処などの参考にさせてもらってます
ただの感想でなんですが、これからも楽しみにさせて頂きます!
プロフィール

テラタカ

Author:テラタカ
ブログIDはclustertypeTにするつもりがタイプミスしました

WIXOSSめいんのかーどげーむぷれーやー
他の趣味としては長期人狼もやってます
基本はでっきおきばれぽおきば

各記事引用ふりー(とか書かなくても勝手に皆引用するか)

twitter:@terratakk
人狼BBS:terratakk

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。