FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二回らいだぁ杯・決勝先鋒戦カバレージ

RAIN選手vsスイフト選手





 らいだぁ杯も佳境に入り、舞台は決勝戦。
 大将戦はビデオマッチとなったため、こちらのカバレージでは先鋒戦をお伝えする。

 中堅戦・先鋒戦を制してどうにか決勝へと駒を進めたチーム『落ちたw~以下省略~』、ビデオマッチ側の試合で勝ちを収めたチーム『RAINY禁止被害者の会』。奇しくも、この2つのチームはどちらも予選全勝を収めた2位・1位のチームだ。
『落ちたw』チームのスイフト選手、『被害者』チームのRAIN選手が使用するのは、両者とも焦熱ウリスである。
 新弾はタウィルもピルルクもユキもきつい、次弾では活躍は無理じゃないか、と様々な所で囁かれていたウリスは、少なくともこのらいだぁ杯においては『勝ち組』にいたデッキタイプだ。上位4チームの12名のうち、実に1/3にあたる4名ものプレイヤーがウリスを使用している。
 その中には、世界大会覇者であるmaster選手もいる。

 着席してすぐ、「カバレージみたいなのを取られるのは初めて」と声をかけてきたのはRAIN選手だ。
「というか、決勝席自体が初めてで。今まで進めてもベスト8とかばっかりだったんで」

 それに対し、対面のスイフト選手が「自分もそんな感じ」と声を掛ける。
 お互いそれぞれ関西の違う地域からの遠征勢でシンパシーを感じているのか、それとも緊張を解すためか。軽快な会話は試合が始まる直前まで続いた。

 が、試合が始まれば、空気が変わる。
 ここは決勝卓。泣いても笑っても勝つのは1チームだけ。最強のチームが、そして『最後まで立っていたウリス使い』が、この試合で決まる。


 先手はスイフト選手が取り、互いに1枚のみのマリガンで試合は始まる。
 まず第一ターン。先ほどのカバレージでは初手事故が起きていたウリスだが、今回は両者ともしっかり2面展開をしてのスタートだ。RAIN選手がまずは†S・C†の効果を成功させ、アドバンテージを1個多く獲得する。
 互いにマリガンが1枚、序盤の動きは両者とも安定するはずで、好ゲームが期待できる。

 ライフが5対7になった2ターン目。いきなりスイフト選手は仕掛ける。
 ベルフェーゴからのイフリードで1面を空けたスイフト選手は、相手に踏まれてエナに行ったシグニを生かし、そのままエニグマ・オーラを撃つ。
 先手2t目、こんなに早いタイミングでのエニグマを防ぐアーツは流石に存在しない。ライフは早速8対4になり、RAIN選手はベルフェーゴ+イフリードが活きる最高のタイミングを失うこととなった。
 返しのRAIN選手はイフリードを2枚場に出してアタックに入る。できれば山に埋まってベルフェーゴで落としておきたいイフリードが、場に2枚。序盤から点数を詰めるにはかなり苦しそうな展開だ。
 ここで4点を入れてスイフト選手のライフを4まで落とすも、相手のライフからはダイホウイカを含めてバーストが2枚。エニグマを撃った分のリソースはしっかり回収され、スイフト選手が丸々1ターンを儲けたことになる。

 スイフト選手の攻勢はまだ続く。
 イフリードをチャージしグロウコストにした彼は、2枚目のベルフェーゴで再びイフリードを落とし、それに加えて手札から出した更なるイフリードにデス・バイ・デスを使う。綺麗に2面穴ができた所へ、バイオレンス・ジェラシー。一瞬でトラッシュにイフリードを4枚溜めた上に場にはケルベルンが降臨し、3ターン目というこの早期なタイミングで3点要求が入る。
 2・3ターン目と続けて先手の優位性をしっかり活用されたRAIN選手は、「キツい」と言いながら仕方なくこの攻撃を通す。
 めくれたバーストはエナチャージとパイモンによる回収。ライフは既にレッドゾーンだ。

 ここでRAIN選手は長考に入る。
 エニグマオーラにこぎつけないと、下手をすれば次ターンリフレッシュからそのままゲームセット。たとえ撃てたとしても開いた面をしっかり守れるだけののエナを確保しなければいけない。プレッシャーが掛かる場面だ。
 しばらくトラッシュと手札を確認すると、彼は意を決して動き出す。
 まず、バイオレンス・ジェラシーでバアルを回収。続けてパルヴァからALCAを回収すると、更にそのALCAでエニグマオーラを回収する。
 それに加えてデス・バイ・デスで相手のケルベルンをバニッシュし、少々タイミングを逃したベルフェーゴでバニッシュ対象のいないイフリードをトラッシュへ送ると、パズルのような動きを終えてアタックへ入る。

 このアタックに対し、スイフト選手はすぐさまトラッシュのイフリード効果を発動した。
 1面をバニッシュしてダメージとエニグマの効力を両方とも抑えると、ルリグパンチを貰って自身のターンへと移る。
 ライフは互いに3対3。RAIN選手はエナもきっちり確保しており、これで試合の長期化はほぼ確定した。

 スイフト選手は焦熱にグロウし、少し考える。バイオレンス・ジェラシーも引いた後、イフリードも使い切った山札は、既に薄い。
 バアルの効果を起動し、失敗するもエクシードからすぐに2ドロー。直後にメツミを出し、両プレイヤー共にリフレッシュを入れた後にアシュタルスを出す。
 アシュタルス出現時効果で捨てた手札はカイヅカ。一連の動きに全く無駄がない。

 アタックに対応して、RAIN選手はもちろんマイアズマを撃ち込む。相手のメツムを溶かし、1面を蘇生し、サーバントを回収。ダメージを1に抑え、どうにかライフを保ったまま4にグロウした。

 RAIN選手はグロウ時の効果でイフリードを3枚落とす。場に残っていたベルフェーゴをバニッシュすると、1面残ったアシュタルスに焦熱エクシードをかけ2ドロー、そこからメツム→ダイホウイカ→上柚木綾瀬と出し、再びエニグマオーラを撃ってアタックに入る。

 ふと、気がつくと、周囲にはギャラリーの輪ができていた。
 中堅戦、大将戦が終わり、残るは先鋒戦のみ。なんと、現時点でのチーム戦績は1対1。最後に残った先鋒戦に勝敗が委ねられることとなったのだ。

 一際、両選手に気合いが入ったように見えた。
 スイフト選手は相手の山札の枚数を確認すると、マイアズマでバニッシュ・メツム回収・7枚落としの3モードを選択する。
 RAIN選手の山札が2枚になると、続けてエクシードからの蘇生を選択。パイモンが蘇り、続けて先ほど手札から切ったカイヅカが蘇り、場は一気に埋め尽くされた。
 が、点が通らないことは織り込み済みだったのだろう。RAIN選手は綾瀬でアシュタルスを相手のデッキボトムへと送り、エニグマオーラの効果で2枚の山札をそのままライフへ送り込む。
 リフレッシュが挟まれ、お互いのライフは2対2。攻撃と回復を繰り返しながら、ゆっくり、ゆっくりと決着への時が近付いていた。

 スイフト選手は残っていたパイモンのチャームでバイオレンス・ジェラシーを回収すると、そのままそのパイモンを使ってエクシードで2枚引く。そして、ダイホウイカ2枚を展開しエニグマオーラを叩き込む。
 リフレッシュ直後で†S・C†しかトラッシュがないRAIN選手は、蘇生エクシードで相手の手札を切らせることもできない。どうにかこうにかペナルティ・チャンスでその場を凌ぐが、ライフは4-0。それに加えてスイフト選手の手札は山盛りと、かなり窮地に立たされた。

 返しの動きを期待するも、どうにもトップデックは奮わない様子。仕方なくベルフェーゴを出し2ドローするも欲しかったカードは来なかったらしく、苦笑しながらリフレッシュを入れられないメツムを出し、それからダイホウイカ・イフリードと続けて出したら、こちらもエニグマオーラを撃ってアタックに入る。

 ここで、スイフト選手が長考へと移る。
 ライフ差は4対0、相手は動きが鈍い。ここで詰めへと動くか、一旦相手の攻撃を通すのか。
 相手の山札は、メツムで削れて残り16枚。スイフト選手は思い切ってビッグムーブを開始する。
 まず、最初にクライシス・チャンス。エニグマですっからかんになったシグニゾーンにメツムを置くと、お互いの山札が7枚落ちる。
 続けてブラッディ・スラッシュ。メツムを犠牲に相手の場を1枚処理。
 そして、最後に焦熱エクシード! 今しがたトラッシュに送ったメツムを蘇生すると再び7枚のトラッシュ送り。
 あっという間に、RAIN選手の山札は再び2枚だ。
 エニグマオーラを撃つたびに効力を削がれ続けるRAIN選手。残った2枚の山札が何なのか? ドローすべきか、どうにかライフへ埋め込むか。考えた末の結論は、再度の2点回復だ。2枚の山札がライフに送られ、リフレッシュが入り、今しがたライフへ送られたばかりのカードがトラッシュへと送られた。
 スイフト選手もリフレッシュが絡んでおり、ルリグアタックが通ったことで互いのライフは1対1。

 スイフト選手のターン。
 RAIN選手のエナに青とマルチが1枚ずつあるのを見て、まずはエニグマオーラを撃つかどうかが第一の問題となる。恐る恐るといった風に撃つとこれは通り、スイフト選手はプランを一気に進める。
 まずはパルヴァでバイオレンス・ジェラシーを捨てるとパイモンを回収。すぐさまパイモンを出して今捨てたバイオレンス・ジェラシーを回収し、続けてベルフェーゴを出してメツミをトラッシュへ送りアタックに入る。
 エニグマオーラでライフが回復すれば、スイフト選手の勝利は盤石なものとなる。RAIN選手のエナには青青赤も白緑もない。ここで、試合が決まる。

 ――そう思った瞬間の、アイドル・ディフェンス!

 マルチ1枚とその他4枚。ちょうど残っていた5エナがコストとして支払われ、スイフト選手のルリグアタックが綺麗に止まる。
 続けてのエクシードで、今トラッシュへ向かったベルフェーゴが山札にあるディアボロスをトラッシュへ落とす。
 しかし、RAIN選手のライフは残り1枚、スイフト選手の打点は2つ。
 ここで防御できるバーストが来ない限り、どうあがこうと勝敗は確定する。残った1枚は、エニグマで埋まったライフ。
 そこにあったカードを、RAIN選手だけが知っている。

 が、スイフト選手は後に退けなかった。
 ダイホウイカ2枚、それに加えて2ターン分のドローを合わせても、サーバントを引き込めていなかったのだ。ここで決めなければいずれにせよ負け。アイドルディフェンスによるルリグアタックのスキップがブラフであることを願ってアタックへと移る。

 めくれたバーストは、エニグマオーラだ。

 今しがたベルフェーゴによって落とされたディアボロスが場へ降り立つ。最後の1点を守る盾となり、同時に相手のライフを奪い取る剣となるために。

 防御アーツを撃つエナの残っていなかったスイフト選手に、ディアボロスの攻撃と、ウリスによる止めの一撃が突き刺さった。


 試合が終わると共に、RAIN選手はすぐそばにいたチームメイトとハイタッチを交わした。
「アイドルディフェンスが本当に強かった!」
 実は、彼のアイドルディフェンスが活躍した試合はこれだけではない。準決勝では遊月の詰めプランを大幅に削って勝利へと貢献しており、予選最終戦で2止めタマを完封したのもこのカードだ。
 最後こそエニグマオーラで埋まる順番が違っていれば負けのギリギリの勝負になったが。
 自身の構築を信じたRAIN選手に、デッキが答えた。恐らく、この勝利はそういう勝利だったに違いないだろう。

RAIN選手○
スイフト選手●
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

テラタカ

Author:テラタカ
ブログIDはclustertypeTにするつもりがタイプミスしました

WIXOSSめいんのかーどげーむぷれーやー
他の趣味としては長期人狼もやってます
基本はでっきおきばれぽおきば

各記事引用ふりー(とか書かなくても勝手に皆引用するか)

twitter:@terratakk
人狼BBS:terratakk

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。