FC2ブログ

リフレインフレイン・インフレーション/《遠かりし使 リワト=フィーラ》

 世界大会予選んんんんんんんっ、落ちました!

 というわけでこっからは、最後の予選に向けて調整してきたデッキと、ちょっとしたおまけについて、一つも隠さず公開していっちゃいます。
 とりあえずこのリワトは個人戦績3-1のデッキなんですけど、黒星はドーナ相手にコインとアーツ全部吐かせてこちらはスピサル水天残った状態での時間切れじゃんけん負けだったので、基本的にはまあそこそこ戦えるレシピにはなっているはず。

 いつも通り以下より。




レシピ
デッキコンセプト
回し方
各カード解説
投入検討カード



■レシピ■
-LB
《聖墓の神姉 ムンカルン》×2
《荒ぶる海洋 §ポセイドナ§》×4
《コードハート A・M・S》×1
《破壊の音色 §ミネルバ§》×4
《神業の鞭刑 ≡アナフィエル≡》×1
《美しき豊穣 #フレイン#》×4
《サーバント O3》×4

-非LB
《聖墓の神妹 ナキールン》×1
《聖笏の威光 ハシュマル》×1
《シャボン・サクシード》×4
《漁港の聖銛 §ニョルズ§》×3
《TRICK OR TREAT》×1
《THREE OUT》×4
《禁忌の焔 ≡プロメウス≡》×1
《嫉妬の炎刃 ≡ヘラ≡》×3
《豊穣の守護 #ヴァナディス#》×2

-LRIG
《閉ざされし使 リワト=ノル》
《果たされし使 リワト=エット》
《満たされし使 リワト=トヴォ》
《導かれし使 リワト=トレ》
《遠かりし使 リワト=フィーラ》
《スピリット・サルベージ》
《シャボン・ウェーブ》
《プライマル・サーガ》
《ダーク・コグネイト》
《水天一碧》



■デッキコンセプト■
 フレインがリフレインをインフレさせてフレーフレーフレインがんばれがんばれフレイン


■もうちょい詳しく■
 新しいデッキを組む場合、まず最初に見つけるべきなのは「そのデッキの特異性」です。即ち、「他のデッキとの差別点。それも、ただ単に動きが違うということでなく、それが生み出す結末が既存のデッキと異なるものである点」が重要になります。
 たとえ何か凄い綺麗そうな動きができたとしても、最終的にできた結果が「過去でもできたもの」であっては何の意味もありません。

 高パワーラインの達成。バニッシュ耐性持ちアタックトリガー除去シグニ。そんなものは過去にいくらでも例があります。軸にしても何の意味もありません。ムンカルンプロメウス下敷きのポセイドナは除去られたら弱いシグニが後続で出てくるだけなので、なんなら普通のバニッシュ耐性と言っていいかすら怪しい部分があります。

「リソースの獲得能力とリソースの搾取能力がどちらも高い水準で備わっており、その合計値が他の追随を許さない」。
 リワトの特異性はそこに集中しています。そして言い換えてしまえば、リワトというルリグの特異性は、フレインという1種類のカードにかなりの割合が集約されています。

 ならば。
 フレインを安定して何度も起動し続けることが、このデッキで最も理想と言えるでしょう。
 そう判断して構築し、後は世界大会の環境を考察してみて、最終的に完成させたのがこの構築です。

 

■回し方■
 単純な話ですが、
①フレインを出す
②フレイン起動でフレインをコストにしつつ1回能力を使う
③フレインにシャボンサクシードを当ててフレインをサーチ
④フレインを出す
 という工程を踏むと、とても簡単にフレインの出現時を絡めながらフレインの起動能力を2回狙いに行けます。
 多様なリソース獲得手段で手札とエナを伸ばし、ソリティアの要領でフレインを1tアベレージ2~3回ずっと起動し続けていくというのがこのデッキにおけるメインの回し方になります。



■各カード解説■

・《聖墓の神姉 ムンカルン》
 盤面に除去耐性を持たせるシグニ。
 フレイン×2・ルリグ効果×1で3面を除去しつつの面要求を行うので、あらゆる除去に対して下級天使を出すことで1回の耐性になるこのシグニはフレイン連打形とは強烈に噛み合ってます。
 1面フレイン・1面プロメウスムンカルン・1面リワト効果で2面空け3面要求を行うタイプの構築より、何倍も強いです。

 場に自分が出る分とポセイドナの下敷きにする分として、ひとまず2枚の投入。デッキの回転率の関係で簡単に面に並ぶので、3枚以上必要だなと感じたタイミングは今のところ1回もありません。


・《荒ぶる海洋 §ポセイドナ§》
 なぜポセイドンの擬人化シグニが下敷きの効果を継承するタイプの能力なんだろうか。よくわからない。
 デッキのあらゆるシグニの効果を複合できるスーパーカードで、色々なギミックを嵩増ししてソリティアの動きを大きく手助けします。

 下敷きにナキールンを置いて青いナキールンとして好きな天使(主にフレインかムンカルン)に変換したり、ニョルズヴァナディスムンカルンの中から2枚を巻き込んでエクシードなどで読んでそのままリソースに変換されたり、普通にムンカルンプロメウスを下に敷いてアタッカーとして使ったりと、使い道は多岐にわたります。
 ムンカルン2面による3色天使+対戦盤面を揃える補助、デッキ回転の補助、リソース獲得と防御を同時に達成できるLBという、まさに「究極の補助輪」と言っても過言ではないカードです。

 その特性と、青エナが膨大に必要なデッキ構築の関係で4枚の投入。強いカードは4。
 実は3枚に減らしてもいい可能性はあったりなかったりラジバンダリといったところです。


・《コードアート A・M・S》
 スペル軸のリワトならではの採用枠であり、通常時にリワトでは対処困難なシグニを強引に殴り飛ばしに行ったり、詰めに近いタイミングでの点数要求の力強さを引き上げたりするカードとして使用します。
 ナナシ、あるいはリワトが増殖することを見越したタウィルと最低1回は当たるだろうという予想があったため、ガブリエルト及びボツリヌスへの対処札をメインに確実に1枚は採用しなければならないと思い、デッキとの噛み合いはそれほど強くないながら1枚の採用となりました。

 現状の有力なナナシは遊月をメタるためにダクソ抜きのネバーエンド入りが流行っており、そこもAMS採用に踏み切った理由の1つになっています。

 もしダウトが主流に戻るようなら諦めて超損を積んだ方がよさそうです。


・《破壊の音色 §ミネルバ§》
 破壊どころか手札を創造するやんけお前
 キャントリップで簡単に1リソースを生み出す最強の天使。同様の1リソ獲得天使としてはアルゴスがいますが、リソースを手札に加えつつ青天使であるこいつと、リソースをエナに加えつつ緑天使であるアルゴスには天と地ほどの差があります。これは後述。

 色としての重要度の高さ、即決ノーコスキャントリップですぐに別カードへの変換が利く手軽さ、早期のリソース獲得手段、全てにおいてかなり強力だったので、このカードも優先的に4枚の採用となりました。
 エクシード+シャボンウェーブでの防御プランを取る際、このカードを出せば余剰で1アドが取れるので、積極的に狙っていくとよいです。山札が何枚かはしっかり数えた上で、ですが。


・《神技の鞭刑 ≡アナフィエル≡》
 軽量の除去能力持ち赤天使。
 数少ない赤天使枠を増強する1枚ですが、ユニークのおかげで2t目に容易にサーチが効くという利点を持っており、非スペル軸のリワトよりも使いやすいカードになっています。

 また、同型においては優秀な火力であり、アタックフェイズに入る前に爆発天使を焼却できない=下手にアーツで守られないという点で強力です。
 このことから、リワト同型が増えるようなら2枠に増量してもいいカードであるとは考えています。今回は1枠のみの採用。


・《美しき豊穣 #フレイン#》
 上記の通り、このデッキのメインコンセプトで、なおかつリワトというデッキの根幹をなすカード。
 効果を連発する都合上枚数は多くすべきで、更に言えば最終盤面に残れる強いLv4のうちの1枚がこのカードになるというアレも存在しているので、問答無用で4枚になった枠です。
 フレインの効果で戻すカードは基本的に「青→ミネルバかポセイドナ 赤→プロメウスがいたら優先 緑→フレイン最優先」。フレインでフレインを戻し、それをドローやサーチしに行く動きは、このデッキにおける大の基本です。

 ちょっと前にツイッターで「1tで11回フレイン起動した」みたいなことを話しましたが、

①できるだけ鯖とスペルをトラッシュ以外にがめながら1回リフを入れる
②ユニークを使わないようにしながら山札を減らし、山札ができる限りほぼ天使になるようにギリギリまで薄くする
③フレイン→2天使が確落ち→フレイン効果→ユニーク→フレイン→2天使が確落ち→フレイン効果……を繰り返す
④ユニークがなくなったタイミングからはナキールン(+ポセイドナ)を使用し、1エナ1山札と引き換えにフレインを再度使っていく

 のような手順を行うと、1tで複数回のフレイン起動が一気に行えるようになります。
 相手ターンにエクシードポセイドナ下敷きニョルズヴァナディスなんかを出してそのまま相手ターンのうちにリフを行い、スリーアウトとユニークでデッキをガン回しまくった結果が1tの11回起動だったりします。(ちなみにその時は選択する物語も搭載してました)
 そこまで行くのは一種のネタに近いんですが、慣れてくれば4回以上、落ち方が悪くなれば7回程度は1tに起動しにいくことができるようになるので、詰め、あるいはマウントプレイを行う際は覚えておくといいでしょう。

 世界大会予選のうち2試合で先手を取りましたが、そのどちらの試合でも「エナを絞り切って、相手のグロウのためのエナを全て消し飛ばし、試合終了まで最終レベルにグロウさせずに勝利」という勝ち筋を取っています。
 相手のエナチャージ機構が緩かったりエナ色が汚かったりするとそういうイージーウィンができることも多いです。アーツドンパチの攻防を考えなくていい分集中力を後の試合に持ち越せるのもよい。


・《サーバント O3》
 4枚のサーバント。イキリオタクの青ルリグデッキになってしまいました(笑)

 ユニークによる山圧縮、スリーアウトやミネルバといったドローソースとソリティア気味に山札を回せるこのデッキでは、この枚数でも毎ターンのサーバント確保は十分に行うことができます。
 むしろ4という枚数は多いぐらいで、下手な事故さえ起きなければ3枚でも必要数を手札に加え続けることは十分可能です。
 僕はライフボトム2枚に埋まってキレ散らかした試合があるので4。あと下級枠の嵩増しも兼ねてたりします。

 ライフに埋まってる枚数が1枚以下になった場合、あるいはもうライフがなくなった場合、基本はエナに1枚は囲っておいた方がフレインやスリーアウトで邪魔な札を引かなくなるのでよいです。
 スリーアウトで滅茶苦茶サバ捨てまくる事態に陥りました。そんぐらいは回ります。


・《聖墓の神妹 ナキールン》
 自身以外のあらゆる天使をサーチできる万能サーチ札。

 とはいえ、この構築においては1枚あればポセイドナコピーで好きなように使え、またシャボンサクシードで事足りることが多いので、1枚のみの採用となっています。
 エナに落ちた白エナを吐くのが無駄に面倒なデッキなので、リフ後にサクシードを撃った場合、直接欲しい天使を持ってくる前に「サクシード→ナキールン→欲しい天使」という順番のサーチをした方が良いことが多いです。
 あるいはポセイドナで下敷きとして巻き込んだままリフに入るか、ですね。


・《聖笏の威光 ハシュマル》
 一時期ツイッターで流行ったやつ。特に面白くはなかった。

 2アン、3遊月、燐廻、雪月、その他点数喰らったらダルい色々な相手に対して効力を発揮する、アルティメット轢き殺しメタシグニ。
 序盤のライフキープさえしっかりしていれば、ポセイドナの下敷きにしておくだけで負けなくなります。

 ポセイドナさえデッキにいればトラッシュのあらゆる天使が実質エクシードで呼べる≒場にポセイドナハシュマルを置いてエクシード2とライフ1を用意できればほぼ確実に生存1tを作れるので、デッキの硬さを想像以上の状態にすることが可能。
 素で引いて強いカードではなく、しかし1枚も入れないのと1枚入れるのとでは勝率に差が出る相手が結構いることから、合計1枚の採用となりました。


・《シャボン・サクシード》
 フレインと強烈にシナジーを形成するユニークスペル。
 元々リワトのカードプールを見た際に「出現時のアドバンテージ獲得が強力で、取ったリソースを全部フレインに変換していける」→「ならユニークをいっぱい積んでデッキを回転させれば強いのでは?」という発想から入ったため、調整の過程で入れたというよりはむしろ「最初っからこれを使うことを前提として」調整していた枠です。
 フレインの項目で説明した通り、元々は選択する物語まで入れてました。最終的に抜けた理由は後述。

 入れたいカードが増えすぎて枠がどうしようもならなくなったら1枚抜くかなという印象ですが、基本は4枚入れておいた方がデッキは綺麗に回ります。
 ユニークスペルっていうもの自体がエナに落としたい色を落としやすいので、フレインのヒット率が多少悪くなるのもあまり気にはなってません。
 なんならドーナ相手は1tにフレインが4枚全部ハズレたけど問題なかったです。


・《漁港の聖銛 §ニョルズ§》
 神様。
 リワトってシグニ、グロウまでに必要なコストになぜか「青3緑2赤1」という偏りがあり、そのため序盤から殴られる青色のシグニは超重要になります。神様である理由その1。
 アロスその他ハンデスを多用する相手に対してはかなり優秀なリソース回復役となり、ポセイドナの下敷きとなることと合わせ終盤まで役割を持ち続けます。神様である理由その2。

 単純な思考で行けばとりあえずこのカードを4枚という所から始めたいところだったのですが、Lv2がミネルバ4枚アナフィエル1枚ハシュマル1枚=Lv1は青以外を一定数取らなければミネルバでアドが取りにくいという問題があり、他のLv1と枠を調整していくと3枚になりました。
 このカードのおかげで取った試合は数知れず。


・《TRICK OR TREAT》
 ハンデススペル。リワトってデッキが唯一触ることのできないハンドリソースを搾取しに行きます。

 大まかな役割は単純にそれだけですが、細かいところでは「触りにくい青以外のエナをトラッシュに落としてやる」という役割も持っているため、外そうにも外せない1枠になっています。
 使用モードはハンデス9:ドロー1ぐらい。ほんとに時々ドローに使います。そんぐらい。


・《THREE OUT》
 デッキ自体にキャントリップあるいはサーチは多いですが、どれだけ言ってもユニークと単体サーチのみでは手札が枯渇しかねない場面に遭遇します。特にアロスのようなシグニ染めの手札を引っこ抜いてくるピーピングハンデスとかは、フルシグニ軸のリワトが大の苦手とするところです。
 また、素引きだけでユニークを引き当てに行くというのも大分運が絡む話。

「フレインで天使が落ちなくてデッキが回らない」より、「そもそもフレインを回すだけのリソースが獲得できていない」方が百倍はヤバいです。それを踏まえると、このドローソースの投入は必須なのではないかと思います。

 採用枚数については未だに迷っていて、例えば「サーバントを1枠ずらし、ウィッシュクライシスを白の吐ける擬似ドロソとして投入する」みたいな動かし方や、リソース循環の聞くナキールンor黒ホールドorサクバスを投入しての枚数低減化などの選択肢は十分アリかなと思います。
 調整中。一応一番回りやすいのは4枚。

 デッキの色配分がこんなこと(白8青17赤5緑6無4)になっている最大の理由でもあります。でも強いから仕方ない。


・《禁忌の焔 ≡プロメウス≡》
 ポセイドナの下敷き用に1枚だけ積んでいる赤天使。
 ……と言いつつ、ぶっちゃけた話、実はあんまり下敷きにはしません。基本は勝手に相手の面が3面空き、そうなるとムンカルン+ニョルズorヴァナディスによるリターンの少ない処理強制を相手に押し付けた方が強いことが多いからです。

 困ったことにこのカードは3t目に使うことが最も多いです。特にリンゼに対して圧力をかけるために使い、そのままチャクラムかなんかで止められることが最多。
 それでも、選択肢としては十分強力なので、抜く必要のある枠ではないと思います。


・《嫉妬の炎刃 ≡ヘラ≡》
 フレインの効果の関係上赤天使は一定枚数積まなければならず、その枚数を調整する下級枠として存在してます。

 下級天使としての採用率はかなり低いですが、効果は序盤であるほど強く、手札にスリーアウトを抱えてて場にニョルズヘラがいる時とかは大体相手はニョルズを殴ってくれるので、そのまま爆発しつつスリーアウト+ミネルバで返しのリソースを供給しつつ3面要求みたいな流れになったりします。
 緑天使の枚数をできるだけ減らしたい問題やら序盤ダメージ取りたい病やらなんやらの兼ね合いで色々とあり、4枚になったり1枚になったりしつつ最終的には3枚で落ち着きました。


・《豊穣の守護 #ヴァナディス#》
 残った2枠で緑天使。
 不確定なエナ落ちが序盤はそれほど強くない一方、中盤以降はポセイドナの下敷きにしたかったりで見えていて欲しい場面がそれなりに多く、投入すること自体は確定でした。
 ここに関しては「デッキの上のレベルの比率を決めて、最後に余った10~12枠を下級天使と鯖で上手く振り分けよう」という意識で最後に調整していきました。

 今のところはこの「青天使11:赤天使5:緑天使6」の配分で大体困らず動けてるので、多分配分は間違ってないんじゃないかなぁ、と割と感覚論。

 あんまり優先的に使う機会がないカードですが、遊月相手には全然話が変わります。
 ヴァナディスを出してシャボンウェーブとコグネイトを構えておけば意味不明なミラクルが起きない限りLv4に確定グロウできる状況が作り出せるので、このカードは3t目には絶対場に出すようにしましょう。


・《閉ざされし使 リワト=ノル》
 無色Lv0ルリグは有色Lv0ルリグの完全上位互換なので、タウィルの???を持っていたとしてもこっちの方が優先度は高いです。


・Lv1~4ルリグ
 1から3については割愛。
 与太話をすると、Lv3のリワトってちょっとコードピルルクっぽく見えると思いませんか? ってぐらいですね。

 Lv4についてもあんまり言うことはなく、単純にエクシードと自動能力によるリソースの膨大な量の獲得とリミット12が強いですねってぐらいです。
 自動能力は強制なので、下手を打つと定時ほーとかいうカードにいきなり殺害されたりします。気をつけてください。


・《スピリット・サルベージ》
 リワトの素晴らしい点の一つに、「さまざまな色の確保の容易さ」というものがあります。
 これはアイヤイでも言えたことですが、天使が全ての色を持っており、なおかつそれらが簡単にエナに置けるため、各色の特徴を持つ優秀なアーツを揃えやすいんです。
 そして、それらのアーツのおかげで、幅広い相手に対して強く出ることができます。

 その特性上、特徴の異なる他の多種のアーツを回収して利用できるスピサルはかなり有用性が高いです。
 ガブリエルトがいらつく相手にはプライマルを、早い相手にはコグネイトを~と、この1枚があるだけで防御に関しての不安を大きく減らすことができます。

 ただの回収汎用アーツですが、それでも必須に近い1枚だと考えています。


・《シャボン・ウェーブ》
 入れない意味がどこにもないし、理由も言うまでもないと思うので割愛。


・《ダーク・コグネイト》
 こっちも割愛していい固定枠だと思います。特に遊月がいる間は。


・《プライマル・サーガ》《水天一碧》
 自由枠。単純にカードパワーで選ぶとこの2枚になります。
 ここの2枠に入れる候補はアイフレ・ドエス・龍滅・金剛・雲散・イノディとかなり広く、これら全てにメタ範囲やらなんやらで理由が挙げられますが、僕は以下の2点を重視しました。

①少なくとも1枚、無色エナで払いやすいアーツを入れること
「様々な色のアーツを取捨選択できる」ことがリワトの強みと確かに言いましたが、フレインで落ちる色がバラけやすい、白エナが吐きにくいなどの理由から、どうしても使う色を調節したいタイミングが存在しています。
 そういう時、全てのアーツの色の縛りがきついと動きが強烈に鈍ります。これを回避するため、1枚は無色エナを使うアーツを入れておくといいでしょう。

②少なくとも1枚、パワー12k以上のシグニを処理できるアーツを入れること
 シグニ効果に耐性を持つシグニやシステムシグニを処理するために、1枠はバニッシュアーツがほぼほぼ必須になります。
 具体的な仮想敵としては、ガブリエルト・ナキールン・アラクネなどが挙げられるでしょう。

 この2つの条件さえ満たしてしまえば、後の選択はほぼほぼ自由かと思います。



■投入を悩んだカード、これから投入したいカード(+調整の結果投入されなくなったカード)■
 色々とありますが、気になる人が多そうな場所だけ。


・《不眠の尾根 #アルゴス#》
 同じアド天使なのにミネルバと違って1枚も入っていない、不遇の天使。

 このカードを入れなかった理由は、大きく分けて3つあります。

 まず1つ目の理由として、序盤の重要度の低さが挙げられます。
 リワトの序盤戦において、リソースの重要度はエナ<<<<手札です。なぜなら、Lv4になるまでのリワトは、天使を捨てればグロウできるから。
 序盤にアーツを撃つ場合もコグネイトである可能性が高い。つまり、グロウ・防御の両面において手札をそのままエナの代替コストとして使用できるため、リソースは手札にがめておいた方が強力なんです。

 次、2つ目の理由として、エナリソースの獲得が難しくない構築であるという点が挙げられます。
 ユニーク4枚を使いつつ毎ターンフレインを2回も3回も出すこのデッキにおいて、エナは循環させていれば割と問題なく溜まっていくもの。
 手札が飽和した時に出して捨てて1リソースをエナに変換することは可能といえば可能ですが、逆に言うとそういう場合以外は積極的に使うべきカードではありません。常に無駄な白エナを落とすリスクと背中合わせです。

 最後、3つ目の理由として、緑天使の重要度が究極に低いという点が挙げられます。
 何度も話していますが、このデッキは「フレイン→ユニーク→フレイン→ユニーク→」という動きをギミックとして採用しています。
 つまり、ユニークでフレインが積極的にエナに送られ、そしてフレイン効果で戻す緑天使はほとんどフレインなんです。毎回選択肢が分裂する赤・青天使と違って、緑天使はほぼ固定枠であるため、エナにいても全然仕事をしません。

 これらの理由が重なって、アルゴスは不採用という結論に至りました。
 入っても1枚じゃないかなーと思います。


・《超損》
 途中で話した通り、ナナシにダクソが流行るようになったら大人しく投入する対ボツリヌス枠です。
 その場合、緑エナの必要枚数を確保しなければならないので、アルゴスとセットになるかなぁと思います。


・《羅星姫 ≡コスモウス≡》+《羅植 ヤシ》or《真夏の陽杖 トビエル》
 いわゆるバウンスコスモトリトリ用セット。
 特にハンドリソースを構え続けて戦うロストレ枠のルリグ達に対して強力であり、デッキのリソース搾取能力を最大限まで引き上げたいのであれば投入する意味は十分に存在します。

 最大の欠点は、このカード郡を投入するためには最低でもデッキが2枠必要で、しかも確実に天使が1枠削れてしまうという点でしょうか。
 フレインの効果の都合上、どうしても一定枚数は天使を入れておきたく、その問題は構築の際に常にのしかかって来ます。

 ただ、このセットを入れたリワトが強いことは既に証明されてる(大阪予選突破のリワトが正にそれ)ので、選択肢としては常に高い位置にいます。


・《選択する物語》
 ユニークスペルの追加枠です。
 元々はサクシードの項目で書いた通り「アドシグニをユニークで何度も流してリソースを稼ぐ&同時にフレインをエナに送りフレイン起動でそのままデッキに返すことを繰り返す」コンセプトで組んでいて、それに合致するカードだったので積んでいた枠。

 山札を一周させてリフを入れる前に3枚以上撃ち、それで山札を小圧縮することができればかなり宇宙です。

 ただ、デッキを練れば練るほど欲しいカードが増えてゆき、また「ユニーク4でもドローソース厚めの山札は問題なく回った」という調整結果が出たことから、最終的には抜ける形になりました。
 ライフに2枚以上埋まった時も弱く、総じて博打感の強いカードになってしまっていた印象ですね。

 一瞬の爆発力に賭けて龍滅や応報からリソースを縛りきる構築もリワトの選択肢としてはアリかと思っていて、そういう構築なら選択肢に再び入ると思います。


・《アンチ・アビリティ》
 入れるメリットが極端に薄い枠。
 対遊月では後手で減ったリソースから安定して打てるカードではなく、対アロスでは普通に何枚かハンデスされた後でエナを絞られて終わり、
 対同型ではアンチ撃たれようが問題なくフレイン効果は起動し続け、対ドーナは起動能力で攻撃時のほぼ全ての動きが完結しているため刺さりが薄い。
 結果として撃って強い相手が「早めにスペルを撃ってきた対ナナシ」「数を減らしたアイヤイ」程度になってきます。
 かなりたられば要素の強いカードで、集約するとそのたられば要素も「対戦相手が弱かったら刺さる」というものになる部分が大きいです。このカードを防御アーツの1枚として数えることはとてもじゃないけどできないと思ってます。

 というかシャボンウェーブ積んでたらこれ積む枠なんて存在しない……。



■まとめ■
 ともあれ、シグニ大量の今主流のリワトと違って、こんな感じの構築もあるんやでみたいなリワトでした。
 ウルトゥムが環境的にどうしても使いにくくなって、さあどうしようと思っていた所に「ソリティア」「山札作り」の2要素を持ったこのルリグが出てきたのが超運命的じゃね!? ってなって、発売前からずーーーーっと練ってたら、こんな感じになっちゃいました(笑)
 前環境でピルルク、アイヤイなんかを使ってた人なら問題なく回せるはずです。

 勝てた試合を時間足りずに逃すというやらかしのせいでチームに黒星を付けちゃって、チームメイトの2人には申し訳なかった。
 後は世界大会に上がった身内を応援するのみ。


 あ、立ち回りについては割と細かい部分だけになっちゃうので今回は省略します。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

テラタカ

Author:テラタカ
URLのclustetypetは
clustertypeTにするつもりで
タイプミスしました

ウィクロスをメインにしてる
カードゲーマーです
後は長期人狼もやってます

基本はデッキレシピ置き場
カバレージや考察も書きます

各記事引用フリーですが
一応報告あると
てらたかが喜びます

twitter:@terratakk
人狼BBS:terratakk

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
カウンター