FC2ブログ

新・エナ2練成 メリゴリフムゲン/《アイヤイ★スペード》

 新ルールでもソリティアがしたい!
 無限防御、したい!

 じゃあ無限防御するしかないじゃん。



レシピ
デッキコンセプト
回し方
各カード解説
割愛項目


■レシピ■

-LB
《羅星姫 リゲルル》×4
《幻怪姫 スノークイーン》×1
《惨之遊 †シャテキ†》×2
《似之遊 †チャッキー†》×2
《異血之遊 †ワラニン†》×4
《ゲット・インセクト》×1
《羅星姫 ≡コスモウス≡》×1
《懐古の音色 リコダス》×1
《贈呈》×1
《サーバント T》×1
《サーバント O》×2

-非LB
《幻怪 ユキンコ》×1
《偉智の遊 *ハッカドール1号*》×1
《TRICK OR TREAT》×2
《烈情の割裂》×1
《参ノ遊 クルミド》×1
《参ノ遊 フラフープ》×2
《壱ノ遊 カルタ》×3
《壱ノ遊 ウンテイ》×1
《快演》×4
《選択する物語》×3
《無垢なる宝剣》×1

-LRIG
《stirred WIXOSS》
《アイヤイ★クラブ》
《アイヤイ★コール》
《アイヤイ★コイン》
《アイヤイ★スペード》
《緑肆ノ遊 メリゴラン》
《緑参ノ遊 スプライド》
《生々流転》
《保湿成分》
《ダブル・チャクラム》



■デッキコンセプト■
 まわれメリーゴランド めくるめくフューチャー
 負けないクライ 信じて


■もうちょい詳しく■
 メリゴラン+スペードで3枚チャージしてはリゲルルでサーチしたユニークスペルでメリゴランを飛ばしてエナを2枚回収。
 カルタウンテイ1号シャテキを絡めることでレゾナ生成ごとに余剰なアドバンテージを生み出し、それを相手への攻撃能力に変換し、そして毎ターン3面防御できる布陣を作り出す。この動きを繰り返すことにより、気が済むまでソリティアが楽しめる従来のアイヤイとは全然見る方向の違うおもちゃのアイヤイが運用できる。


■回し方■
①メリゴランを作ります
②メリゴランをユニークで飛ばします
③エナから次のメリゴランを作る札を回収します
④以上の①~③を延々と繰り返していくと、リソースがいっぱい溜まります
⑤手札にユキンコ、エナにクルミド、場にフラフープ2枚と何か1枚、山札が1枚という状態まで回します
⑥アタック後、フラフープ2枚を自壊させてターンを渡します
⑦相手ターン、アタックフェイズにはスプライドを出します
⑧エナのクルミドを回収、効果でユキンコを場出し、効果で2面、ユキンコ自身で3面目を止めます
⑨スペードの効果でエナチャージ。相手ターンにリフに入ります
⑩場合によっては保湿成分かフラフープ効果で3面目を防御! ①に戻ります

 相手が死ぬまで以上の動きを繰り返してください。
 適度に割裂とトリトリによるリソース縛り、宝剣による除去を行うとより効果的です。



■各カード解説■

・《羅星姫 リゲルル》
 メリゴランの種。快演が手札にない場合は快演を、ある場合は次のリゲルルを持ってくるのが基本。両方ある時は大体宝剣かユキンコかトリトリを持ってきてます。
 このカードでデッキを何度もサーチすることによりメリゴランソリティアを安定させるため、4枚入れない意味はほぼないと言ってしまっていいです。


・《幻怪姫 スノークイーン》《幻怪 ユキンコ》《参ノ遊 クルミド》
 無限防御パーツ。スプライド効果でクルミドを回収、クルミド効果で手札のユキンコを場出し、ユキンコの効果で1面止め1面バウンスで全面が防御できます。
 面開けができないからユキンコスノークイーンを自ターンに使う、というのは下策であることが多いので、どうしても面を開けなきゃ勝てない場合以外はやらないようにしましょう。
 ユキンコ出現時のコストでエナのスノークイーンをトラッシュに送っても効果は発動します。忘れないように。

 実は自分の面が1面でも残っていればリソースを多少使うといえどスプライドクルミド+保湿2回ぐらいだけでも防御はできたりするんで、そこは臨機応変に。


・《惨之遊 †シャテキ†》
 アルティメット臨機応変シグニ。トラッシュからメリゴランの次弾を装填する、1号と一緒に3アドバンテージを確保するなど、その役割は多岐に渡ります。
 無限防御の過程で自然とライフは0になる=1枚でも公開領域に存在させ続けることは困難ではないので、2枚目以降は割と補助輪パーツではあります。とりあえずの2枚目。

 実はクルミドから出しても2エナチャージが入ります。使う機会はほぼないけれど。


・《似之遊 †チャッキー†》《異血之遊 †ワラニン†》
 1枚でレゾナ作るマン。
 と言いつつ、実際は3面目にリゲルルを置いたり、1号蘇生で手札のシャテキを出したりするため、スイングほど1枚からのレゾナ生成を行う機会は多くないです。

 シャテキの関係上、基本的に回収優先度はチャッキー>ワラニン。ただアクセス手段はいくらでもあるので、基本はLv1のワラニンを優先して序盤の事故頓死回避に全力を出した方がよいでしょう。


・《ゲット・インセクト》《贈呈》
 説明しなくても。。。
 このデッキを使ってると、メリゴランを出したらついついすぐユニークを当てたくなる病を患ってしまうことが結構あるので、ユニークを当てる前にとりあえず深呼吸してみましょう。手札にこのカード達が見つかるかもしれません。

 毎回深呼吸してると時間が切れるので気をつけましょう。


・《羅星姫 ≡コスモウス≡》
 宝剣合わせて手札5からハンデスをかましに行くカード、かつ、相手のライフ5からのロングショットをキメるためのカードでもあります。
 それに加えて能動的に置きやすい赤エナ(宝剣のエナかつ5カニ相手に割裂を撃つカード)であるため、まあ1枚は入れておきてえなぁって枠になってます。


・《懐古の音色 リコダス》
 このデッキの無限防御プランは相手ターンのユキンコ+保湿成分+フラフープですが、時たまそれでは防御が通らずどうしようもない相手に遭遇することがあります。
 現環境で言えば、『イノディでバニッシュ耐性、自身効果でシグニ耐性を付けたオワレにアサシンを付けられる』みたいな状況ですね。

 そういう詰めプランに対しある程度の耐性を持ちたいと考えていた際に優秀だと感じたカードが2枚あり、そのうちの1枚がリコダスでした。
 保険防御といったところですね。


・《サーバント》
 3枚。
 マルチエナを使う機会は割裂とトリトリ(後はトラッシュにスノークイーンがある際のユキンコ)程度。更に毎ターンデッキを2周させてれば1枚ぐらい手札に加えるのは容易、という想定で3枚になってます。
 実は2枚でもキープはできるんですが、流石に2枚だとトリトリが撃ちづらいタイミングが頻発するので3~4枚が妥当なのかなぁと思います、多分。


・《偉智の遊 *ハッカドール1号*》
 シャテキ! 3アド! カルタウンテイ! 2アド! すごい!
 ワラニンチャッキーから経由できるため、あちらを厚く採用してこちらをピンに減らす構築になってます。2枚ぐらい入れても全然オーケーな枠です。


・《TRICK OR TREAT》
 乱射して相手のハンドを奪います。
 宝剣で青効果を使いたいタイミングは結構あるので、時々ハッカ3号を入れてもいいかなと思うタイミングはなきにしもアリシア。

 ユキンコバウンス+宝剣バウンスで相手の手札が2枚増えるので、根こそぎ叩き落しましょう。
 山札が残り3枚になった(=メリゴランが場に出せない)時やどうしても手札が上手く回らなかった時のみドローに回しましょう。1ゲームに1回ぐらいはドローに割くイメージです。


・《烈情の割裂》
 リソース搾取札その2。
 できるだけメリゴ生成前、トリトリとかと同じタイミングで撃つことで自分のリソース損失を最小限に抑え、すぐメリゴ+ユニークでエナを回復できるようにしましょう。
 このデッキだと毎ターン割裂フルハン5点要求ぐらいは行けます。ふぁいと。


・《参ノ遊 フラフープ》
 ターン終了時に自壊することにより、殴り手+スプライドユキンコ降臨用の面開けという2つの役割を同時に達成することができる優秀なコンボパーツです。
 毎ターン1面しか立てずにアタックに入ればこのカードがなくても無限防御自体は可能なんですが、毎ターン1面要求しかしないのでは流石にゲームが終わりません。また、このカードの効果を使うことにより甘えたアークゲインやオワレを許さないプレイもできるため、基本1枚は必須投入でしょう。
 とりあえず2面爆発すればスプライドユキンコの面は確保できるため2枚の採用。


・《壱ノ遊 カルタ》《壱ノ遊 ウンテイ》
 アドバンテージ追加生成装置。ここら辺はあんまり変わりません。


・《快演》《選択する物語》
 ユニークスペル枠。快演4枚はまあメリゴランに連打するメインのユニーク枠。

 それに加えて、
①追加のユニークスペルを投入しておく
②山札を圧縮してデッキの回転効率を上げ、そもそも回りきらないパターンを少なくする
 という辺り、物語は非常に相性が良いカードだったので投入。入れすぎると4までグロウするための緑色が怪しいので、0~3で迷う枠ではあります。


・《無垢なる宝剣》
 八面六臂の活躍をするカード。全ての色の効果を使いますし、何なら5色全部の効果を一気に使うことさえあります。
 白黒赤緑に関してはダメージソース+潤滑油で言うことないので、トリトリをわざわざ吐いてまで使う青効果について説明します。

 と言っても、『デッキを回すタイミングで時折発生する「スノークイーンの素引き」を綺麗に処理するために使う』というだけなんですけどね(笑)
 山が2枚掘れて一応は枚数調整しやすくなったり、します。


・《stirred WIXOSS》《アイヤイ★クラブ》《アイヤイ★コール》
 安定。
 コールは一時期黒緑2cのフォールになってたりしました。スイングがないためレゾナコストにしてアドを使い倒すことができず、またスイングがないため序盤の色事故がちょっと怖いためです。
 色事故が頻発しそうならフォール、そうでなければコールだと思います。


・《アイヤイ★コイン》《生々流転》
 リコダスの欄で話していた『どうしようもないアタックへのどうにかする枠』、その2です。
 リョフや虚幸ウリスのパンチといったダルダルダルシム☆ヨガファイヤーな攻撃にも擬似耐性を付けることができ、銃声へのなんちゃってメタにもなるので、流転の優先度はかなり高めです。

 実はアンダーワンを採用してルリグデッキがメリゴスプラチャクラム保湿アンダーで皆アンコールされていくぅーとか言って笑ってる時期もありました(


・《アイヤイ★スペード》《緑肆ノ遊 メリゴラン》《緑参ノ遊 スプライド》
 レゾナを出すたびに1エナ増えるスペードは、エナからカードを回収して動くメリゴラン及びスプライドと非常に良相性です。
 ここにリゲルルという快演サーチ装置が追加されたことでデッキの回転が以前より数段上がり、無限防御機構を組み込みやすくなった結果このデッキとなりました。
 メリゴランの回収能力のおかげで山の上が全部強いor全部弱い際でもブレが少なく、この点はスイング型との差別点にもなっています。


・《保湿成分》
 リフや除去によりフラフープの効果を無効化された上でのアタック時バニッシュ3面など、スプライドユキンコを強引に封じてくるプランは割と想定ができ、そういう相手に対して1枚で手軽に防御が行えるカードとしてこれに白羽の矢が立ちました。
 ある意味1枚無限防御!

 なーんかルリグデッキがバネバネしているなぁ……。

 
・《ダブル・チャクラム》
 4に乗ってからは無限防御機構を有するこのデッキですが、序盤はかなり脆いです。というわけで序盤を守れるこのカード。
 山札を1枚掘れる=デッキが上手く回り切らなかった時の保険として使えるという意味でも噛み合っており、非常に優秀です。
 


■各対戦相手への立ち回りはぶっちゃけやること一緒なので割愛してまとめ■

 あけましておめでとうございます。おわり!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

テラタカ

Author:テラタカ
URLのclustetypetは
clustertypeTにするつもりで
タイプミスしました

ウィクロスをメインにしてる
カードゲーマーです
後は長期人狼もやってます

基本はデッキレシピ置き場
カバレージや考察も書きます

各記事引用フリーですが
一応報告あると
てらたかが喜びます

twitter:@terratakk
人狼BBS:terratakk

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
カウンター