FC2ブログ

新弾ギミックを全部突っ込みたい欲求/《悠久の使者 サシェ・プレンヌ》

 デッキの長所
・カットインフルムーンのおかげでソリティアされない!
・無限防御!
・銃殺プランにも対応!
・新弾のうまぶりギミックが全て濃縮されている!

デッキの短所
・ざっと見積もってフェアデッキ相手は2時間かかる
・異世界スマホを使えない(スリーさんにメタが張れない)



レシピ
デッキコンセプト
回し方
各カード解説
立ち回りは割愛して


■レシピ■
『2ルート無限防御サシェ』
-LB
《羅星姫 リゲルル》×4
《羅星姫 フォウト》×2
《羅星 タンサースリー》×4
《羅星 マルカブ》×3
《音階の右律 トオン》×1
《幻怪姫 ユニカーン》×1
《懐古の音色 リコダス》×1
《幻獣 定時ほー&甲たそ》×1
《コードイート マヨ》×1
《贈呈》×2

-非LB
《羅星 カプスワン》×4
《スター・フェスティバル》×4
《魔海の海蛇 レヴィアタン》×1
《TRICK OR TREAT》×1
《超罠 ミミック》×1
《羅植 ヤシ》×1
《コードイート トンカツ》×1
《サーバント T2》×1
《サーバント O2》×3
《選択する物語》×2
《無垢なる宝剣》×1

-LRIG
《stirred WIXOSS》
《悠久の使者 サシェ・クロワス》
《悠久の使者 サシェ・カルティエ》
《金愛の使者 サシェ・モティエ》
《悠久の使者 サシェ・プレンヌ》
《白羅星 フルムーン》/《白羅星 ニュームーン》
《白羅星 ジュピタ》
《生々流転》
《暴風警報》
《リング・ドロー》



■デッキコンセプト■
 新弾ギミックの集大成


■もうちょい詳しく■
 アニメ新シリーズに合わせた新弾『クラクション』のカードはオールスターレギュレーションで使用するにはちょっと物足りないものが多い、というのは、前回の記事でも話しました。
「ルリグ/アーツ/キー」、要するにルリグデッキのカード達はその限りではありませんが、メインデッキに入れるカードとしてはちょっとカードパワー的にこれまでのものに劣るかな、というものばかりです。
 キーセレクションに合わせてのカードプールということで、これはもう仕方のないことではありますね

 そんな中で、ある3つのギミックに限り、オールスターでもよく目にすることとなりました。
 それが以下の3つです。

①ユニカーン+トンカツによる緑アーツの回収ギミック
②ミミック+トオン+ライフ回復による4面防御
③レヴィアタンによる能動的2リフレッシュ

 ①は主にメルや緑子などの強化案として採用されました。緑のアーツには水天、暴風などの優秀な汎用防御が揃っており、これらを活用することで生存ターンを1つ伸ばせるのは、攻めっ気の強い緑のデッキには上手くマッチしたわけですね。

 ②は主にウリスなどで採用されることが多いです。ミミック+ライフ回復のギミックはキーセレクションにおいてもママキーや流転+フックなどを合わせて使われていますが、ウリスはライフ回復の回数がその何倍も多く、特性にミミックが綺麗に噛み合いました。

 ③は前記事の通りミルルンや腹筋ピルルクなどで採用されています。説明は割愛。


 とまあ、こんな感じです。
 この3つの強化を見ていて、僕は思いました。

「緑を使うソリティアデッキってこの3つ全部併用で凄い防御力になるんじゃないの?」

 しかし、現実はそう甘くない。
 暴風や水天は汎用防御ではあれど3面を守れない。そして、ミミック+トオン+流転を使えば3面を守れるが、毎ターンそれをやるのならレヴィを積む意味はなく、またコインを吐かずに流転を撃つことになるためリソース量に大きな心配が残る。

 そこで気付きました。

「暴風を3面防御にする必要はない。相手の攻撃回数をルリパン含めて3面以下に抑えればいい」

 そう。フルムーンの効果です。



■回し方■
 毎ターン2リフ+フォウト+ハンデスで適当に相手のカードを除外し続けながら、ユニカーントンカツで暴風回収+フルムーンによって相手の攻撃を条件なしに無限防御し続ける。



■各カード解説■

・《羅星姫 リゲルル》
 メリゴアイヤイでも使用していた、レゾナ系ソリティアのキーパーツ。
 このデッキはエナからの回収が贈呈しか存在しないため、優先的にスタフェスと贈呈を山札から持ってきてエナに落ちないように保護し続ける必要があります。

 トラッシュから4枚除外する効果は使いません。タンサースリーの鬼引きでスタフェスを保護し続けられる自信があるならまあ使ってもいいんじゃないでしょうか。


・《羅星姫 フォウト》
 勝ち筋。相手のデッキのカードを除外しまくりましょう。
 3枚入れると試合時間が2時間から1時間になる程度の違いが生まれる気がします。どっちにせよ足りません。


・《羅星 タンサースリー》《羅星 マルカブ》
 リソースを減らさずにレゾナの種になってくれるいい子達。基本マルカブはドローを選択します。
 効果選択の幅広さという都合で言えばマルカブの方が強いですが、リフ後第一発目としてリソースを稼げるのがタンサースリーの方である点、途中でユニカーンを出した際にアドの取れるマルカブが1面しか出せないタイミングが発生する点などを考えタンサースリーの方が多めに入っています。


・《音階の右律 トオン》
 緑色。
 基本的にはフルムーン+暴風だけで無限防御はできるのですが、ガー不ルリグパンチを3回以上してくる相手(有り体に言えばレイラと輪廻オーラ)に対してのみはフルムーン+流転暴風を使っても防御の手数が足りなくなるため、そこら辺をケアするサブプランとして投入されています。
 逆にミミックトオンだけだとリフとかアヴェとか色々なもので貫通されます。リフ+ガー不ルリグパンチは中指を立てて応戦しましょう。


・《幻怪姫 ユニカーン》《コードイート トンカツ》
 メインギミック。
 基本は1リフ前の段階で効果を使い、リフ後でにエナか手札に持って行き、次のターンにまた1リフ前の段階で使うという動きを繰り返しましょう。
 リフ後に使うと緑色が下手に手札にかさばった時のケアがしにくくなります(後述)。


・《懐古の音色 リコダス》
 緑色。
 基本的にユニカーンの発動は1ターンに1回がほぼ限度となる都合上、このデッキはアイヤイに2回エクストラアタックフェイズされると簡単に頓死するという悲しき欠点があります。
 しかしリコダスがいれば話は別。1回目のアプローチを暴風+流転で耐え、2回目のアプローチを暴風+リコダスで耐えることによりしっかり2回のアプローチに対応することができます。

 なおフラフープのみを場に立ててアタックフェイズに入るという小賢しいことをされるとユニカーンによるアーツ回収ができなくてちょっと大変という噂がありますので、できるだけフラフープは事前にフォウトで除外しておきましょう。相手がフラフープ1面しか立てずにアタックに入ってきた際は仕方なくリゲルルを使う必要が出てくることもあるっちゃあります。


・《幻獣 定時ほー&甲たそ》
 緑色。
 基本的にジュピタ+スタフェスで回転させていく都合上、このデッキはミルルンに4に乗られるとデッキが回せないという悲しき欠点があります。
 しかし定時ほーがいれば話は別。このカードを場に立ててソリティアをすることで、相手のスペルカットインをさせずにそのまま動き続けることができます。

 なお相手が流転を入れていると流転回復&カットイン無効という動きをされる可能性も十分ありえるという噂がありますので、できるだけスタフェスは2枚握り込んでからソリティアをスタートさせるようにしましょう。
 そもそも相手のライフが1枚以上ある場合には何も問題なくカットインされてしまうので、序盤からスタフェスによるバウンスを絡めて相手のライフをとっとと0にすることが求められます。


・《コードイート マヨ》
 ギミックパーツ。
 場に出せるLv1の調理ということでこのカードを選びました。

 地味にリゲルルは場で調理になるので、こいつを付ければパンプが入るというオモシロ情報があります。
 実際はツナマヨを使っておけばリゲルル込みでリソースを減らさずトンカツの種が用意できるのですが、ツナマヨがメル限定なせいで手札に来た際の処理に大変困るという問題のせいでツナが抜けています。


・《贈呈》
 緑色。
 メリゴランアイヤイと違いジュピタにはエナ回収が付いていない都合上、エナにコンボパーツが落ちた際にこのデッキは簡単に頓死するという悲しき欠点があります。
 しかし贈呈があれば話は別。ターン開始時にリゲルルでレゾナを作ってこのカードを持ってくれば、エナに落ちた次なるリゲルルやユニカーントンカツを手札に戻し、そのままコンボへと繋げることができます。

 なお最初にピン投で構築していた際、贈呈自体がエナに落ちた際にちょっと目も当てられない事態に陥ることがそれなりにあり、その関係上2枚の投入になっています。必ず1枚はデッキに戻るように動かしましょう。


・《羅星 カプスワン》
 序盤を支える宇宙。
 基本中盤以降はエナに固定してしっかり山札を圧縮しましょう。ジュピタの種はリゲルルタンサースリーマルカブでほぼ十分です。


・《スター・フェスティバル》
 使い勝手の悪いユニークスペル。快演を見習って。
 レゾナを飛ばすと強制的に相手のLv3以下シグニをバウンスするハメになるので、相手にわざと面を絞られた際を考慮し、できるだけ早い段階でユニカーントンカツを使えるようにエナを工面していきましょう。


・《魔海の海蛇 レヴィアタン》
 毎ターン2リフしつつしっかりアタックフェイズに行くためのカードです。
 このカードが上手く引けなかった場合、往々にしてアタックフェイズを飛ばして2リフに入ることがあります。悲しい。


・《TRICK OR TREAT》
 ハンデスカード。相手の場のカードもバウンス→ハンデス→除外の手順を踏めば再利用不可能にできます。


・《超罠 ミミック》
 トオンを仕込むカードであると同時に、このデッキ唯一の黒色カードとして宝剣の回収効果を発動する役割も持ちます。
 また、手札に来た不要な緑のカードをデッキトップに送ることで、そのままジュピタでエナに落とせるのも馬鰤(うまぶり)。
 トオンを埋める以上に役割が多いです。


・《羅植 ヤシ》
 緑色。
 リコダスや定時みたいにこれがないと特定の相手には絶対勝てないみたいなアレはありません。汎用枠。

 ただ緑の枚数はこれ以上減らすと暴風からのユニカーンが上手く発動できないことが結構あるので、役割の広いカードを優先的に採用することにしました。


・《サーバント》
 4枚。
 エナに置いて緑色として使いたい・序盤に1回はガードをして生き延びを狙うことがたまにある・キープしないとルリグ連パンやExアタックフェイズに殺されることがある、という都合上の最低数。


・《選択する物語》
 ユニークスペルの増量。
 基本的にはすぐ使わずに山札に送り返し、山札圧縮がしきれなくてどうしてもエナの緑が足りないorエナにスタフェスが落ちすぎた、という場合の保険に使うことが多いです。
 回していると保険のまま使わないことも結構あります。


・《無垢なる宝剣》
 潤滑油かつ対アン、対鯖無限。


 ルリグデッキは割愛。ジュピタが相手シグニの効果を消せる(ネコマターやヘルボなどのメタシグニを無力化できる)ことは忘れないようにしましょう。


■立ち回りは割愛して■

 ソリティアの際の注意点のおさらい。

①まず、リゲルルで優先的にスタフェス(スタフェスがなくなったら贈呈)を回収する
 これを忘れてるとスタフェスがジュピタ効果でエナに落ちまくって悲しい思いをすることになります。
 リフ後の山から毎ターンループスタートするので、大体手札に毎ターンリゲルルを握っておいて、まずスタフェスを回収するところからソリティアを始めることが多いと思われます。

②リングドローの回収コストには基本白エナと無色スペルを使用。ただし贈呈が2枚エナに落ちてしまった際はリフより前に贈呈を1枚落とす
 緑エナはユニカーンの都合上それなりにギリギリのところで回します。そちらにはあんまり手を付けないようにしましょう。
 落とす札として優先度が高いのはもちろんスタフェス。

③エナにはカプスワン4枚と鯖2枚をほぼ固定で置いておく
 いわゆる圧縮札枠。ぶっちゃけ暴風警報でシグニ1パン+ルリグ1パンが止まるので、連パンしてこなさそうな相手には鯖は1枚もいらないです。すごい!

④何より手早く回すこと
 サシェに限らずソリティア系のデッキ全てに言えることですが、デッキは大会に持ち込む前に一人回しをして、どういう時にどういう選択肢を採用すればいいかをパターン化して頭に叩き込んでおきましょう。
 最低限、相手に妨害されない場合どう動いたらリソースが最大値になるのかだけは覚えておけば、ソリティアの速度は格段に上昇します。

 このデッキはパターン化しても時間かかりすぎるけどな!!!!!!

 以上です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

テラタカ

Author:テラタカ
URLのclustetypetは
clustertypeTにするつもりで
タイプミスしました

ウィクロスをメインにしてる
カードゲーマーです
後は長期人狼もやってます

基本はデッキレシピ置き場
カバレージや考察も書きます

各記事引用フリーですが
一応報告あると
てらたかが喜びます

twitter:@terratakk
人狼BBS:terratakk

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
カウンター