FC2ブログ

シェム・ハザード/《共闘の鍵主 ウムル=フィーラ》

 ある男が「タウィルはシェムハザじゃなくZrとフレインでデッキを回す」と言いました。
 キーセレクションをmasterし、オールスターでオールルリグをマスターしようとしている男です。

Q.じゃあシェムハザって何で使うの?
A.(´-ω-)ウムル




レシピ
デッキコンセプト
回し方
各カード解説




■レシピ■
『シェム・ハザード』

-LB
《先導の堕天使 シェムハザ》×2
《混沌の豊穣 シュブニグラ》×1
《コードアンチ ヨグソトス》×3
《コードアンチ ナイトゴン》×2
《コードアンチ パルテノ》×1
《千苦の大天使 †アークゲイン†》×1
《コードアンチ メイジ》×1
《コードアンチ レザディ》×3
《コードアンチ オイニッチ》×4
《コードアンチ テキサハンマ》×1
《サーバント Y》×1

-非LB
《恵の梅雨 マルティエル》×2
《コードアンチ パルベック》×1
《コードアンチ マズフェイス》×1
《コードアンチ ソトホート》×3
《コードアンチ アシレン》×2
《コードアンチ カイヅカ》×1
《コードアンチ アステカ》×2
《コードアンチ ダゴン》×2
《サーバント T2》×1
《サーバント D2》×1
《サーバント O2》×4

-LRIG
《ウムル》
《混沌の鍵主 ウムル=エット》
《混沌の鍵主 ウムル=トヴォ》
《虚心の鍵主 ウムル=トレ》
《共闘の鍵主 ウムル=フィーラ》
《差し伸べし者 タウィル》
《クトゥル・アビス》
《クラス・クライシス》
《イレイズ・ルフラン》
《セレクト・ハッピー5》



■デッキコンセプト■
 共闘ウムルがウムル・タウィル両方のルリグ能力を持っていること・アンリミテッドセレクターの両者強化であるシェムハザ・ナイトゴンそれぞれが強力な打撃力を持っていることを生かし、共闘ウムルとしての耐久能力に掛け合わせて殴り合いレースで確実に勝利を狙いに行く


■もうちょい詳しく■
 ナイトゴンは「対戦相手にライフキープさせない」という非常に高い性能を持ちますが、ウムル限定のカードは詰めの勝負において耐性を持ちうるシグニがいないため、相手の防御を潜り抜けて倒す場合には別のシグニに頼る必要があります。

 一方、シェムハザは「強い耐性とアタック時バウンスという決定力を備えている」という非常に高い性能を持ちますが、タウィル自体の耐久力が構造上それほど高くなく、また序盤のダメージソースも少ないので勝てない相手に勝ちきるのが難しめな特徴を持っています。

 じゃあダメージを無理矢理通せるシグニと終盤の決定力が高いシグニの2種類を合わせて使うと……?
 宇宙!!



■回し方■
①山札を掘ります
②ヨグソトスは1枚確実にデッキに返しておきます
③ソトホートは1枚確実にトラッシュに置いておきます
④ナイトゴンで相手のライフを強引に割っていきます
⑤相手のライフが0になったらシェムハザで相手の防御機構を可能な限り破壊し尽くして詰めます



■各カード解説■
 基本機構に関しては 【この間の共闘ウムルの記事】 を参照してもらうとして、追加・変更カードにのみ解説を追加。


・《先導の堕天使 シェムハザ》+《コードアンチ ナイトゴン》
 このデッキにおけるフィニッシャーの役割を持ちます。

 回し方に書いてある通り、基本的にはナイトゴンでライフを詰め切ったらシェムハザにバトンタッチ。天使によるルリグ耐性+アタック時除去盤面を整えて相手に多めに防御カードを吐かせることで過去の共闘ウムルよりもダメージレースで有利に展開しながらゲームを展開することを黄金パターンとして取り扱います。

 基本的にこのシェムハザおよびナイトゴンの方が盤面に立てる優先度が高く、最終盤面にヨグソトス+ソトホートを残してうんたらしなければいけないという状況が前より少なくなったため、結果としてヨグソトスの投入枚数は1枚減って3枚に抑えられる結果となりました。時代は次世代へと交代していく。


・《千苦の大天使 †アークゲイン†》
 ソトホートによってトラッシュからデッキに返すことができ、またシェムハザによってアークゲインを、アークゲインによってシェムハザを呼び出すことができるという盤面形成能力の高さから投入が決定した1枚。

 基本的にシェムハザを使わないと共闘ウムルのデッキパワーでは現状の環境に太刀打ちすることは困難なので、シェムハザの横に置く天使は盤面形成を強化してくれるものの優先度が高くなります。
 ただ、ペルセポネや†アークホールド†などは自分の他にもう1枚の天使を使用しないと盤面形成の手助けにならない(サクる天使分を考えると盤面形成の確実なプラスにはならない)ので使い勝手が悪く、結果として採用できる天使の種類は限られてくるかと思います。

 共闘の防御機構の都合で枠がかなり圧迫されるので沢山投入はできませんが、もう1枠取って2枚の採用としても悪くない枠だとは思います。ただ天使を増やせば増やすほどナイトゴンのワンチャンス狙いは失敗しやすいことには注意しなければなりません。


・《コードアンチ レザディ》(+《コードアンチ テキサハンマ》)
 リソースを使用せずに序盤ダメージを通せる枠。普通に4枚入れたいけどシェムハザギミックを入れるとLB枠がどうしてもキツくなるので3枚のみに抑えられています。

 ナイトゴンによる大きめなトラッシュ肥やし、及びレザディがピンポイントに好きなカードを落とせるという汎用性の高さを発揮する結果、ヴォイニの役割が急速に減少。その結果、レザディなりナイトゴンなりで落として手札の枚数を1枚誤魔化せるテキサハンマの需要が高まり、こちらも1枚採用するに至りました。
 ヴォイニはストレージで頑張って野球してます。がんばれ。

 なお、Lv2以下の古代兵器の枚数が4枚を切るとハッピー5で除外されまくった時にデッキの機能が崩壊しかねないので、誘蘭・共闘問わずLv2古代平気の合計枚数は最低5枚が基本です。


・《恵の梅雨 マルティエル》
 ナイトゴンのためにデッキを肥やしたい→デッキの古代兵器枚数を増やしつつリフレッシュ回避が狙える
 シェムハザのために天使を増やしたい→自身が天使でありつつ、効果でデッキに天使を戻してくれる
 クトゥルアビスのための白エナを採用したい→リンゼは別に何ともシナジーしない

 3種の新種カードのやりたいこととこのカードのクラス及び効果は非常に強くシナジーを産み出します。
 また、デッキコンセプトとして「ナイトゴン+シェムハザによるダメージレースへの圧倒的先行」を置くこのデッキで序盤にダメージを喰らっていたらコンセプトブレイクも甚だしく、「天使は増やしたいけど下級の枚数は共闘より減らしたくない」という状態に陥っていたので、その点でもこのカードは非常に優秀でした。
 シェムハザで詰めるタイプの共闘ウムルを使うなら必須なんじゃないかなと思っています。


・《コードアンチ マズフェイス》
 新規のLv4ナナシがシグニ場出しを止めるとかいうなんかイキった効果をしているせいで、タウィルキーでボツリの前にエントラを呼び出して破裂させるという過去のプランは採用できなくなりました。
 そのため、「マズフェイスを2回捻ってボツリを処理する」という過去の採用プランを再び開放。このカードが再度投入されることとなりました。

 アシレンナイトゴンの効果とパルベック鯖Yによるサーバント供給を同一ターンに行いたい際、2面をトラッシュに送ってリムーブ回数を増やすカードとしても役立ちます。普通にダメージソースにもなるので、アシレンナイトゴンの増量で手札供給が昔より簡単になったこのデッキで腐ることは早々ないと言えるでしょう。


・《コードアンチ アシレン》
 ナイトゴンの補佐かつ1アドバンテージ!

 以上です。


・《コードアンチ ダゴン》
 マルティエルに書いた通り序盤にダメージを食らう回数はできるだけ減らしておきたいので、Lv1、なおかつ序盤のアステカからの蘇生でオイニッチよりも盤面安定度が高くなりやすいダゴンを採用するに至りました。このカード以外に採用するなら、多分ナナシ相手にエキノコ+ポレンをされても溶けないヘンジの優先度が高いです。どっちか。


・《クトゥル・アビス》+《セレクト・ハッピー5》
 前記事参照。
 シェムハザを入れる都合上マールトをデッキに入れることができず、つまりはサーディスを搭載することもできなくなってしまったので、こちらの方の優先度が圧倒的に高くなりました。
 トラッシュ送り可能+ハッピー5が幅広い相手に役割を果たせるカード、とこちらの方が環境への刺さりもよく、またメインデッキでシェムハザを供給できなくなった際に無理矢理持ってくるという動きもできなくはないので、採用アーツを入れ替えることに対して抵抗感はかなり薄いです。

 ハッピー5は基本的にアンコールなしで撃ちます。アンコールしようとキーを吐いたら次の瞬間シェムハザとシュブニグラが一生盤面に出てこなくなるので注意してください。
 試合終盤、ここさえ防御すれば勝てるというタイミングぐらいしかアンコールタイミングはないものとして扱ってください。


■まとめ■
 立ち回りや投入検討カードについては割愛。シェムハザかヨグソかナイトゴンあたりを増やしたいで完結するんじゃないかと思いますたぶん。
 考えてみて中々強そうなギミックではあったものの、個人的には誘蘭の方が勝ちやすいというか手に馴染む機構を持つデッキだったので、多分こっちのデッキを使用する機会は今環境では訪れないんじゃないかなーということで鮮度意識で公開。

 シェムハザが刺さりそうな環境で使ってみてください。ハナレとかにはガン刺さるらしいです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

テラタカ

Author:テラタカ
URLのclustetypetは
clustertypeTにするつもりで
タイプミスしました

ウィクロスをメインにしてる
カードゲーマーです
後は長期人狼もやってます

基本はデッキレシピ置き場
カバレージや考察も書きます

各記事引用フリーですが
一応報告あると
てらたかが喜びます

twitter:@terratakk
人狼BBS:terratakk

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
カウンター