FC2ブログ

you run鍵主/《永らえし使 リワト=エナ》

 だってウムルコンセプトのデザイナーズカードが出たんだったらとりあえず使いたくなるじゃん。




レシピ
デッキコンセプト
回し方
各カード解説


■レシピ■

【you run鍵主/《永らえし使 リワト=エナ》】

-LB
《混沌の豊穣 シュブニグラ》×1
《コードアンシエンツ ヘルボロス》×2
《弩書 ザ・ロウ》×1
《コードアンチ ナイトゴン》×3
《コードアンチ パルテノ》×1
《コードアンチ ヨグソトス》×1
《コードアンチ メイジ》×2
《コードアンチ レザディ》×4
《コードアンチ オイニッチ》×4
《コードアンチ テキサハンマ》×1

-非LB
《コードメイズ B・スカイジュ》×1
《コードアンチ パルベック》×2
《コードアンチ アシレン》×3
《コードアンチ カイヅカ》×2
《コードアンチ アステカ》×1
《コードアンチ ダゴン》×3
《天空の主神 ゼウシアス》×2
《サーバント Q2》×1
《サーバント T2》×1
《サーバント O2》×4

LRIG
《ウムル》
《奏世の鍵主 ウムル=エット》
《創造の鍵主 ウムル=トヴォ》
《誘蘭の鍵主 ウムル=トレ》
《誘蘭の鍵主 ウムル=フィーラ》
《永らえし使 リワト=エナ》
《開かれし鍵門 ウトゥルス》
《スピニング・フェイト》
《ダウト・クリューソス》
《アンシエント・ウェーブ》



■デッキコンセプト■

《開かれし鍵門 ウトゥルス》が使いたい!


■もうちょい詳しく■

 キーセレクションのウムルとタウィルはそれぞれ青と赤であり、エクシード4を使って防御を行うには明らかに弱い性能をしている。
 オールスターのウムルとタウィルはそれぞれコインで防御を行い、なおかつどちらもトラッシュとデッキを行き来させて欲しいカードが手札に加えられるコンセプトをしているため、エクシード1効果やキー回収効果が大体腐る。
 おまけにエクシード4の効果はぶっちゃけ元々ウムルやタウィルにとって『いつもやっている防御』でしかなく、元来苦手としていたルリグに対する強耐性を得られる効果を一切持っていなかった。元々のウトゥルスと同じように一旦自分の場を全部トラッシュに置ければ全然話は別だったのに。

《開かれし極門 ウトゥルス》は、ウムルとタウィルを名称指定したキーであるというのに、ウムルとタウィルにとってなんら重要ではないエクシード1とエクシード4を持っていた。
 けれど、このカードには『ウムル・タウィルにそれぞれの名称を追加させる』という明らかに『ウムルかタウィルで使えよ』とプレイヤーを誘導するテキストが書かれている。
 だったら、何かウムルで使えば、あるいはタウィルで使えば強いコンセプトが存在するはず。そうに違いない。

 最初に考えたのは、過去にこのブログで掲載した《ナイトゴン》+《シェムハザ》だった。ナイトゴンで一気に盾をガン詰めして、耐性を持ったシグニでラストの1点を詰める。ウムルに足りていない最後の決定力をタウィルに頼るあのデッキは、ルリグ防御に任せない相手にこそあまり刺さらなかったが、一応最低限は戦えるコンセプトとして成立していた。
 でも、二番煎じをするなら共闘でいいじゃん
 共闘にできないことをする必要がある。そう思ったら、自然と『Lv5にグロウしよう』という方向性は纏まった。

 5にグロウするにあたり《ウムル=フェム》は流石に弱い。グロウコスト0の誤植が誤植じゃなくても全然許されるレベルで弱い。
 なんならエクシード1にアタックフェイズぐらい付いていて欲しいレベルで弱い。
《タウィル=フェム》に乗って《ガブリエルト》《シェムハザ》で攻めるか、《リワト=エナ》に乗って《ゼウシアス》で攻めるかだ。

 ん、でもちょっと待って!
 グロウコストは《ラティナ》とかも使って上手く作るとして、《シェムハザ》って《B・スカイジュ》と共存しないし、そもそも今の環境の防御ってルリグかアーツか蘇生シグニなわけだから、《シェムハザ》の頃よりパンチ力増えないじゃん。
 天使を2枚構えれば防御回数は増えるけど、ウムルを基盤にしたら引くカードは全部古代兵器。しかもシェムハザガブは詰めるために場に出してるんだから数ターンに1面防御できる程度の意味しかない。

 つまり《ゼウシアス》。決まったな。



■回し方■

《ナイトゴン》を使って相手のライフを早々に0にしたら後は《ゼウシアス》で全力パンチ。



■各カード解説■

・《コードアンチ ナイトゴン》《天空の主神 ゼウシアス》《永らえし使 リワト=エナ》《開かれし鍵門 ウトゥルス》
 コンセプト。
《ナイトゴン》の打撃力は『相手の防御を潜り抜ける強いパンチャー』がいると成立しやすくなり、《ゼウシアス》は相手がダメージを受けられない状況に陥るのが速いほど長くリソースを搾取できる。
《エナ》+《ゼウシアス》が揃っていれば《鯖Y》の鯖回収・《誘蘭》によるエナチャージといった仕事は全部肩代わりしつつ面を2つ開けてくれるので、グロウは即でオーケー。残りの1面を《ナイトゴン》なり《ザロウ》なりで開ければ3面要求は達成できる。

 勘違いされやすいが、《ゼウシアス》は相手のカードがちゃんと処理されていない限りダメージを与えられるため《アークゲイン》やシャドウ持ちシグニでいなすことはできない(いなそうとするとダメージが入る仕様になっている)。


・《混沌の豊穣 シュブニグラ》《コードアンシエンツ ヘルボロス》《コードアンチ ヨグソトス》
《レイラキー》みたいな《ゼウシアス》無理無理対面に対しては普通に蘇生封じ+シグニ効果耐性+アタック時除去のこいつらで戦う。
《リワト=エナ》のリミットが15なおかげで《ヘルボ》《シュブ》+《ヘルボ》or《ヨグ》のような強盤面が作りやすい。

 それぞれ単体でも
・普通に横に耐性を付ける
・エクシード4からの蘇生先で出してマイナス振り分け
・《アシレン》のレベル振り分け先
・メインフェイズ中の除去
 と役割を持っているため腐ることはあまりない。


・《弩書 ザ・ロウ》《コードアンチ パルテノ》《コードアンチ オイニッチ》《コードアンチ パルベック》(《コードアンチ アステカ》)
 トラッシュにアクセスできるシグニ達。
《パルベック》経由で《ザロウ》を出せば《パルテノ》と同効率で《パルテノ》より強いシグニが並ぶため、普通の相手には《パルテノ》より他2種のLv4を使うように立ち回った方がいい。

 ただ《紡ぐ者》系を相手にした時、《パルテノ》+《シュブニグラ》を立てることで
①《シュブニグラ》がどかない限り《オキク》《フラコスタ》の干渉効果が通らない
②《シュブニグラ》がどいた際、《ブラジャック》をどかして《メイジ》を蘇生させれば全体に2000パンプが入るので《オキク》が通らない
 という状況を作り、耐性付与位置を《ブラジャック》のみに絞ることによって試合を継続させ、《ナイトゴン》や《ヘルボロス》の建築回数を稼ぐ動きをすることがある。
《ゼウシアス》の攻撃が通りにくい《紡ぐ者》相手に立ち向かいやすいプランは持っておいた方がよく、もちろん最低限の仕事はいつでもこなせるので入れておいて損はない。


・《コードアンチ メイジ》《コードアンチ カイヅカ》
 アーツ外防御+シャドウ持ちの《ゼウシアス》によって毎ターンのダメージを低く抑えることができ、これは従来の《ゼウシアス》突貫系構築が持たない強み。
《ゼウシアス》は踏む以外の対処法が少なく、また《エナ》がエナを勝手に伸ばしてくれるので構えること自体は容易。


・《コードメイズ B・スカイジュ》《コードアンチ アシレン》《コードアンチ レザディ》《コードアンチ テキサハンマ》《コードアンチ ダゴン》
 基本的にはただのウムルと使い方は一緒なので説明略。

《ダゴン》は《ヘルボロス》《鍵門》などリアニメイトの機会が多い構築では強く、バニラ等より優先順位は高い。


・《ウムル》《奏世の鍵主 ウムル=エット》《誘蘭の鍵主 ウムル=トレ》《誘蘭の鍵主 ウムル=フィーラ》
 コインは全部で5枚獲得し、《誘蘭フィーラ》のコインに1枚、《ダウト》に2枚、《鍵門》に2枚という振り分けをする。
 基本的に《誘蘭フィーラ》から《エナ》には即乗りするのでこの振り分けが最適。

《フィーラ》のコイン効果は基本的に防御に使うが、デッキをモリモリ15枚ぐらいにして《ナイトゴン》2発を撃ち込んで一気に刈り取るプランもある。
 メインフェイズに発動することができるのは忘れないように。


・《創造の鍵主 ウムル=トヴォ》
 なんと出現時に《レザディ》をデッキから落とすことでダメージソースになる。すごい!
 その他《テキサハンマ》で盤を展開することもでき、小回りが利きやすい。

《凱旋》+《チアハナレキー》に対してシグニを使わずに《レザディ》をぶち当てる、《マイプラ》に対して《レザディ》を2回当てて処理を早めに行うなど、Lv2グロウ時点でこの効果の重要度が高い展開がそれなりにあったので、今の環境ではバニラより優先度はだいぶ高い。


・《スピニング・フェイト》
 ウムル/タウィルを両方得ているため、たったの無色2エナで《ヘルボロス》《ブラジャック》《鯖∞》《アイアース》などのめんどくさいシグニを処理しながらルリグを1t止めることができる強力アーツ。
 入れない選択肢はない。


・《ダウト・クリューソス》
 こちらもメタシグニを処理する能力と使いやすいライフ回復効果を持ち、また耐性持ちに対して使いやすい。
《メイジ》《鍵門》で蘇生防御力は基本的に高いので、それ以外の処理が行えるアーツを積極的に採用したく、やはりこの汎用アーツが強かった。


・《アンシエント・ウェーブ》
 基本的には《ゼウシアス》が場で黒を得るため空振る状況に陥りにくく、一方でリミット10により場を圧迫する《ゼウシアス》を処理して3面防御に繋げやすくするカードになっている。
 面を開けない相手に対しては《ヘルボ》《ヘルボ》+何かを犠牲にすることで12条件まで達成できることも。

《ナイトゴン》で割り切れなかった最後の1枚を割るパターンも存在しており、デッキコンセプトに合致するため《ウルトゥム》以来久々の採用となった。



■まとめ■
《鍵門》をウムルで使いたいけどどうすれば強いかな、から始まって、できたはいいけど今環境で増えそうなアルフォウやダッシュタマに対して有効打を持てそうになかったため公開。
 というのは半分本当半分嘘で、今日たまたま休日で暇だったのでささっと書いてみたが現実。

《ゼウシアス》が通る相手には《ゼウシアス》、通らない相手には《ヘルボロス》なのであんまり細かい立ち回りはなし。強いパンチャーで殴るだけなので細かく動くウムルに飽きた人はどうぞ。
 最終グロウはリワトだし結局《ナイトゴン》で細かく動くけどな!!!!!!!!!!!!!

~完~
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

テラタカ

Author:テラタカ
URLのclustetypetは
clustertypeTにするつもりで
たいぷみすしました

うぃくろすをめいんにしてる
かーどげーまーです
後は長期人狼もやってます

基本はでっきれしぴおきば
かばれーじや考察も書きます

各記事引用ふりーですが
一応報告あると
てらたかが喜びます

twitter:@terratakk
人狼BBS:terratakk

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
カウンター