FC2ブログ

朴真宛/《来夢の巫女 リメンバ・ミッドナイト》

ジョンこり販促企画第二弾。今回はリメンバ。





レシピ
デッキコンセプト
回し方
投入検討カード



■レシピ■

『朴真宛/《来夢の巫女 リメンバ・ミッドナイト》』

-LB
《味覚の惑魔 タピピ》×4
《浴英の発見 アルキメス》×4
《貨英の変動 エフエックス》×2
《走英の空力 スリスト》×2
《雪英の迷形 ケッショウ》×2
《国英の変動 エンダカ》×2
《弩書 ザ・ロウ》×4

-非LB
《浮英の揚力 マグナス》×2
《コードメイズ シシジョウ》×1
《技英の特異 シンギュラ》×4
《コードメイズ ブラノ》×4
《サーバント Q2》×2
《サーバント T2》×2
《サーバント D2》×2
《サーバント O2》×3

-LRIG
《original WIXOSS》
《来夢の巫女 リメンバ・アリモ》
《来夢の巫女 リメンバ・ヌーン》
《来夢の巫女 リメンバ・ダスク》
《来夢の巫女 リメンバ・ミッドナイト》
《ダブル・チャクラム》
《フォーチュン・イマジン》
《焼風水月》
《プロテクション・マッピング》
《劫末の唄鍵 ワールド・エンド》



■デッキコンセプト■
 折角ウムルイラストが目玉カードにあるんだから使ってあげよう。



■もうちょい詳しく■
 使うはいいけど《ワールドエンド》が強そうなリストってなんだ!?
 このキー、できるだけ長く張っておいた方が強い上にクラス縛り系コンセプトデッキでは使えないぞ!

 というわけで選択肢を探してみたところ、①4止めカーニバル ②リメンバ ③糾うナナシ という3つの択が浮上(シグニが基本2タイプを持っていて相性抜群であるLoVのリストについては@rsbJACK1っていうツイッターアカウントの人を参照してください)
 カーニバルに関してはキーを2枚張れるので張りっぱなしが試合に悪影響を及ぼさず、ルリグと合わせてのリソース奪取も非常に相性が良く、ナナシに関しては残りアーツとなる《ハイマット》《グリモワール》の合計防御面数が高いため、サイレントを小分けに使用する変則的な糾うミュウのような動きが確立できる。

 そんな中、唯一ロストレージ組ではない(早期にコイン5枚を達成できない)リメンバになぜ焦点が当たったかというと、ズバリ新弾カード達のおかげでシナジーが随一、かつ《ワールドエンド》を終盤まで張ったままでも十分な防御面数が確保できるため。
 新弾の《フォーチュン・イマジン》および《プロテクション・マッピング》は、どちらもデッキを操作して《アルキメス》を活用することで3面防御として扱うことができる。更に新弾の《焼風水月》が防御と要求どちらも果たせる《ドント・ムーブ》として機能。《ワールドエンド》を貼りっぱなしでもこの3枚が8面程度の防御数を作ることができ、後1枚のアーツで2面程度防御数を確保してしまえばもう防御面は10。

 に加えて、《ワールドエンド》の隠された蘇生効果が、出現時に更なる面埋めのできる《アルキメス》とシナジーを果たす。つまり、《チャクラム》でエクシードを有効活用した後に《ワールドエンド》で《チャクラム》を切れば、最大防御面は《アルキメス》→《アルキメス》で12面!
 コリジョンのカード4枚に加えて直近プロモパックの再録カード1枚という、まさにコリジョンをオススメするにふさわしいアーツリストが、リメンバでは有力なものとなるのだ。

 ……全て新弾のカードに頼らなければならない程度にリメンバのこれまでのルリグデッキが弱かったとか、そういう悲しいことは言ってはいけない。


 といったように、防御方面において新弾のルリグデッキ群はリメンバと強力に噛み合うと説明したわけだが、攻撃面でもすごい。
《モーセス》? いやそんな奴どうでもいい。リメンバの弱点はダメージソースが足りなかった点にあって、《モーセス》はアタックのたびにダメージソースを切りながら要求をするカードなので、あまり解決になっていない。

 そんなことより《タピピ》だ。
 デッキ順を仕込むためにルーターでデッキをドローしては下に返し、《ミッドナイト》効果でドローを促進し、あと《ワールドエンド》でもドロー効果が発動するリメンバにおいて、《タピピ》による点数要求は当然のように繰り返すことができる。
 おまけに、《スリスト》という疑似ランサーと組み合わせることによって、これまでのリメンバでは《ザロウ》程度でしかできなかった『ダメージソースの回収』という行為がとうとう他シグニでもできるようになったのだ。
《ワールドエンド》が追加で3枚分の除去を肩代わりしてくれるのも、ギミックとダメージソースの枚数調整にずっと頭を悩ませていたリメンバとしては非常にありがたい。

 さて、後は《ワールドエンド》発動のための他クラスだが……おっと、こんなところにウムルで散々使い倒している《ブラノ》が。
 なんとこのシグニ、青シグニである上に1枚引けば後続の他クラスシグニを引っ張ってこられる。すごい。
 リメンバはそもそも凍結+デッキボトム参照のルリグであり、クラス間シナジーも薄い。こうして、ワールドエンドを使うための下級の枚数調整に悩むことなく回せるワールドエンドリメンバが誕生した。



■回し方■
 基本的には《ブラノ》でのデッキの少圧縮を兼ねつつルーターの《エフエックス》《ケッショウ》《エンダカ》でデッキをぎゅんぎゅん回転マンさせながらダメージソースを引っ張り、《ワールドエンド》から供給される尽きないリソースを使って試合を展開していく。
《ミッドナイト》の効果のおかげで《ワールドエンド》で引きたいカードをデッキの上3枚から確実に引っ張ってくることができ、更にいえばタイミング次第でエナチャージに切り替えることで不要牌を圧縮してやることもできる。

 後は《ワールドエンド》効果を使いながらできれば3t目ぐらいから3面要求を繰り返していくだけなのだが、面倒なのはデッキの順番を覚えていかないと《マッピング》の盾埋めが強くできない点。
 マイナスの振り分け、ドローカードや回収カードの取捨選択と試合中に考えることは結構多く、他に気を割きすぎると対戦レポに『積み込み順を忘れた結果《アルキメス》がずれた(1敗)。』と書くことになりかねないので、今から脳トレをしておく推奨。



■投入を悩んだカード、これから投入したいカード■

・《堕ちし蒼天 ネフィリム》
 ハンデスを重ねられるLv3青。
 ルーターと《タピピ》の回収のおかげでピン投にしても使いたいタイミングで使うことは十分できるので、リソースぎりぎりめで回すタイプのデッキが増えるようなら投入の余地あり。

 基本的には相手の手札を大きく制限するリストではないので、サンプルレシピにピン投するカードではないなと思い今回は投入されていない。


・《サーバント》
 回収鯖が入っていない都合を考えると、どこかにスペースが見つけられたらもう1枚ぐらい投入したい。
 ライフに複数枚落ちてルリグアタックが通り抜けるのはそこそこ負け筋になり得る。


・《ジャイアント・キリング》
 現在のリストはダウンに寄っており、《WSB》にダウン耐性もランサーもパンプもといくつも付けられてしまうと防御手段が《アルキメス》→《アルキメス》→《ザロウ》でマイナス、ぐらいしかなくなってしまう。
 防御面数あと1面ぐらい減らしてもどうにかなりそうと思うなら《水月》よりこちらを保険で積んでおいた方がよさげ。



 コリジョンは発売済。まじで全ルリグ強化されてるからキーセレやってるなら自分のデッキで使えるパーツだけでも買っておこう!
 なお《タピピ》は実は英知を持っていない。こんなにリメンバに合うシグニなのになぜだ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

テラタカ

Author:テラタカ
URLのclustetypetは
clustertypeTにするつもりで
タイプミスしました

ウィクロスをメインにしてる
カードゲーマーです
後は長期人狼もやってます

基本はデッキレシピ置き場
カバレージや考察も書きます

各記事引用フリーですが
一応報告あると
てらたかが喜びます

twitter:@terratakk
人狼BBS:terratakk

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
カウンター