FC2ブログ

Zミノ/《誘蘭の鍵主 ウムル=フェム》

 wixoss新弾の最新情報見ました。

umr.jpg

 は?

umr2.jpg

 は???? すごいが????????
 何がすごいかって、これ《アンシエント・サプライズ》のリメイクカードとして収録されるのが確定してるところ。
 ただスリーブだけでもイラストが強いof強いので集める。

 ニコニコしたついでに前弾環境でセレモニーに持ち込んだオールスターウムルのリストの簡易解説記事。実際のリストとは1枚だけメインのカードが違うけれど、ちょっとLv1の採用カードを弄っただけなのであまり差はなし。

 これで収録カードの効果が弱かったりただのアンサプアルトアートだったりしたらmasterはケツバットな。




レシピ
デッキコンセプト
回し方
各カード解説



■レシピ■

『Zミノ/《誘蘭の鍵主 ウムル=フェム》』

-LB
《コードアンシエンツ ヘルボロス》×2
《弩書 ザ・ロウ》×1
《コードアンチ ナイトゴン》×3
《コードアンチ ノーデンズ》×2
《コードアンチ ゼコフン》×1
《コードアンチ メイジ》×1
《コードアンチ レザディ》×4
《コードアンチ オイニッチ》×4
《紅蓮の使い魔 マールト》×1
《サーバント Y》×1

-非LB
《羅星 リンゼ》×1
《コードアンチ パルベック》×2
《コードアンチ マズフェイス》×1
《コードアンチ アシレン》×3
《コードアンチ ブラウン》×2
《コードアンチ マイギリ》×1
《コードアンチ ダゴン》×1
《紅蓮の使い魔 グレモリー》×1
《紅蓮の使い魔 ムムメメ》×1
《サーバント Q2》×1
《サーバント T2》×1
《サーバント D2》×1
《サーバント O2》×4

-LRIG
《ウムル》
《奏世の鍵主 ウムル=エット》
《混沌の鍵主 ウムル=トヴォ》
《誘蘭の鍵主 ウムル=トレ》
《誘蘭の鍵主 ウムル=フィーラ》
《誘蘭の鍵主 ウムル=フェム》
《スピリット・サルベージ》
《フェイタル・パニッシュ》
《炎のタマ》
《ビカム・ユー》



■デッキコンセプト■
 環境読みメタ寄せ・赤バージョン。


■もうちょい詳しく■
 アンブレイカブルセレクターによって、ウムルの能力は過去に類を見ないレベルで強化された。
《フェム》のエクシード1は、フェアデッキ相手には1面防御ではない。《アシレン》《ナイトゴン》《ブラウン》によって操作されたデッキ上から《テキサハンマ》系のシグニや《レザディ》が当たり前のように降り注ぎ、簡単に2面や3面の防御を達成する。
 古くは《ウルトゥム》の頃からずっと天敵だった《ヘルボロス》は、強力なLv5ルリグのおかげで最高レベルの盤面形成能力を有する味方へと変貌を遂げる。デッキ落とし、除外、デッキ戻しといった障壁すらも《フェム》は打ち壊した。
《ナイトゴン》によって相手のライフはすぐ0になるので、アタックトリガーで実質何でも沸かせられる《ノーデンズ》は完璧に噛み合うチアシグニだ。
《ブラウン》は見た目だけなら亜種アシレン。しかし実際はそんな甘っちょろいカードではない。

 ハイレベルに高い要求値と高い防御能力を兼ね備えた、フェアデッキの最高峰の一角。それがアンブレイカブルで与えられたウムルの立ち位置だ。

 しかし、そんな強力な性能をもってしても、環境トップメタに名乗りを上げるのは容易ではなかった。
《トオン》の連続埋めによる高い防御性能を、水獣のアタックごとにLBを発動させることによって攻撃性能と両立させたエルドラ。
 アーツを縛り、防御手段を聞いた上で対策盤面を作り、攻撃を押し通してくるリル。
 これまで以上の速度を付けて試合を決着させてしまうグズ子やカーニバル。
 古豪のダッシュタマも加え、全てのルリグを対策することは不可能と言えるレベルの多彩な環境が展開されていたのだ。

 では、ルリグによって強力な防御力が担保されているウムルで、どういうアプローチを取ればいいか。
 その答えとして、僕は『メタゲームを読み、大会に合わせて細部を変えたリストを組んでいく』ことこそ正解だと考えた。

 このリストは、数ある調整案の中でも、特に『対ダッシュ系』を重く見て組み替えた赤いウムルだ。



■回し方■
 Lv5での高耐久発揮という対ダッシュ系へのゴールラインを持つウムルは、とりあえず相手のファーストアプローチを耐え抜いて《ビカム》で5に乗ってしまえばダッシュ相手の勝率は大きく上がる。
 つまり、考えるべきは『できるだけ高い確率で相手のLv4アプローチを回避すること』と、『取れる相手はちゃんと取れるような防御アーツ選択』との両立だ。

 赤・白に古代兵器が、青にはキーセレクションウムルの強化がある一方、ウムルには積んで強力な緑シグニがあまりいない。
 この辺の色の噛み合いも加味して対抗策を考える必要がある。
《アンチ》は実はリルが全然止まらない、《ビカム》+メタアーツと割いた際の普通の相手への防御手段の薄さ。色々な問題がある中で考えた結果、とりあえず赤シグニ+《炎のタマ》を搭載してやればダッシュ系のアプローチ1回が止まりつつ多面防御1回分が稼げるだろうという結論になった。

 が、この対策だとまだ不十分だった。
 というのも、それだけだと、折角ダッシュ系に大幅に寄せたのにハイパーダッシュ(《ビカム》+《グラスラ》《ビカム》でアタックフェイズ中に2レベル分ワープしてくるダッシュタマ亜種)が取れない。
 また、リルはバニッシュ耐性でこちらのLv4での防御能力をある程度貫通しながら殴ってくるので、ライフを多く残したまま受け体制を整える必要がある。できるだけターンを渡したくない。

 そこで思いついたのが、《ビカム》+《スピサル》のパッケージ。

①ハイパーダッシュ相手はLv1でステイを続け、相手がLv3にグロウした時点で《ビカム》→《スピサル》《ビカム》を撃って一気にLv4まで登ってしまう。
②ダッシュリル相手は《ビカム》を早期打ちして先に3にグロウすることで相手に渡すターンを少なくし、ここで相手が《ビカム》で4に乗り返してくれば0コストの《炎のタマ》と返しの《スピサル》《ビカム》で一気に5まで登ってしまう。乗り返してこなければ通常より早期のターンでLv4に乗ってエナを作る。
③普通に耐久が必要な相手に対しては《フェイタル》2度打ちで防御回数を確保する。
 
 というプランを組み立てておくことで、対フェアデッキでの防御数をできるだけ落とさないままダッシュ系への勝率を確保できるようになった。

 アーツの使い方はこのぐらいにして5ウムルの基本的な回し方だが、実はある程度テンプレート化している。

①1~3t目は基本的に大きく動かない。《レザディ》《ブラウン》とかで地道に点を要求する。
②4t目は堀りと火力のターンで、基本的には《ナイトゴン》を2面、最低でも1面立てる。《フィーラ》のコイン技は実はメインフェイズにも撃てるので、《ナイトゴン》2枚+デッキ15枚を作れるように出すシグニと起動効果を微調整していく。
 ここでの微調整時、エナに古代兵器が溜まりすぎてデッキに戻す枚数が足りないということがないように、3t目までにエナチャージをしすぎないようにする。
③《ナイトゴン》の圧も込みで相手のライフは大抵1以下になっているはずなので、後は《ヘルボロス》《ノーデンズ》《ブラウン》+1枚の盤面を基本にして毎ターン要求する。

 Lv5になってからは毎ターンのデッキを7枚以上積み込む必要がある(相手のLv4を除去した上でリフレッシュを回避する計算)が、基本的には『デッキトップに《レザディ》2枚と《ゼコフン》《マイギリ》』になるような積み方をすればOK。相手や使用アーツに合わせて適宜積み順は変わるけれど、それは使っていく過程で自然に思いつくはず。
『4枚積み込むうち、下3枚を《ゼコフン》《マイギリ》《レザディ》にする→4枚積み込むうち上1枚を《レザディ》にする→最初に積み込んだ4枚のうち1枚のところまで掘り進める』を前提として覚えておいて、『手札のカード的にどうしても2枚は掘り進めてしまう場合、下2枚を《ゼコフン》《レザディ》→上2枚を《マイギリ》《レザディ》にする』みたいに枚数調整をしていけばよい。

 この積み込みの基礎だけ覚えておけば5ウムルを回すのに困ることはほとんどないといえる。



■各カード解説■
 回し方の項目でかなり説明してしまったので、アンブレイカブルの新顔だけ。


・《コードアンチ ノーデンズ》《コードアンチ ブラウン》
 このカード、要求の際にデッキを落とすというのが非常に重要になってくる。
 上記の通り、このデッキは上から4枚に《テキサハンマ》系のシグニや《レザディ》がてんこ盛りになった状態でアタックフェイズに入る。
 すなわち他のシグニを止めても、例えば《ブラウン》さえ残っていれば『アタック時に4枚落とすよ』→『《レザディ》2枚落ちたから-18000だよ』→『《ゼコフン》《マイギリ》落ちたから除去られたところに出てくるよ』みたいな連鎖が常に構えられていることになる。

《ノーデンズ》のおかげで『アタックできない』などの付与を相手は行えないため、基本的にダウン以外では除去でこちらを止めてくる必要がある。ここが大きな噛み合いポイントで、『除去するならアタックトリガーを全部どけないと新しくシグニが降ってくる』『除去以外で止めるには困難だし、場を形成した《ヘルボ》が生き残ってターンを始めなければならない可能性がある』という、相当高い圧力を相手に与えることができることになるのだ。

 枚数はどちらも2枚。場にいればいるだけ強い圧力を相手に与えるカードだが、基本的には《ヘルボ》の起動効果で出てくるため場に3枚以上出ることはほぼなく、薄い山札で戦う以上はその最低枚数だけ揃えておけば構築上は十分なことがほとんどなためだ。
 一応盾落ちをケアして3にする選択肢もあるが、とりあえず4積む必要はほぼない。ウムルは強いカードは4じゃないデッキ。


・《誘蘭の鍵主 ウムル=フェム》
 きみすごいよ。(完)




 基本的な立ち回りはメインでほとんど完結しているデッキで、それゆえに各対戦相手への立ち回りや採用検討カードはメタゲームに合わせた採用アーツ次第でかなり流動的なため、各対戦相手への立ち回りや検討カードに関しての項目は割愛。
 回してみるまで分からないデッキだと思うので、とりあえず回してみてください。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

テラタカ

Author:テラタカ
URLのclustetypetは
clustertypeTにするつもりで
タイプミスしました

ウィクロスをメインにしてる
カードゲーマーです
後は長期人狼もやってます

基本はデッキレシピ置き場
カバレージや考察も書きます

各記事引用フリーですが
一応報告あると
てらたかが喜びます

twitter:@terratakk
人狼BBS:terratakk

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
カウンター