FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大回転! 劇的ビフォーアフター(グルグルグルグルグルグルグルグル

 最近使ってる次元サイクリカについて、せっかくだから記事に。
 《幻獣 キジ》のせいできじの一発変換がキジになっちゃうのが面倒。

『青赤緑/サイクループ』
《龍素記号Sr スペルサイクリカ》×4
《ボルバルザーク・エクス》×1

《超次元ガロウズ・ホール》×3
《テレポーテーション》×2

《超次元ボルシャック・ホール》×3
《焦土と開拓の転変》×3

《天真妖精オチャッピィ》×2
《霞み妖精ジャスミン》×3
《ブラッサム・シャワー》×2
《フェアリー・ライフ》×4

《パクリオ》×3
《ドンドン吸い込むナウ》×4
《クリスタル・メモリー》×1
《フェアリー・シャワー》×3

《不知火グレンマル》×2

《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》×1
《ヴォルグ・サンダー》×1
《時空の喧嘩屋キル》×2
《アクア・アタック<BAGOOOON・パンツァー>》×1
《勝利のガイアール・カイザー》×1
《勝利のリュウセイ・カイザー》×1
《勝利のプリンプリン》×1


【コンセプト】
 ゆっくりゆっくり相手にサイクリカを叩きつける

 基本は次元軸のサイクリカ。
 環境が一周したせいか最近はウィニーが再び増え始めてきてて、そんな相手にランデスサイクリカを使うのは得策とは言えないため、サイクリカで撃つ対象をランデスから次元に寄せ次元ビートの形で動く。

 ただ、そういう中速~低速のビートダウンは当然ながらキューブやビッグマナ相手に勝つことが困難。
 そのため殴らないフィニッシュルートを搭載してみた。

 ……というのは建前で、実際はループ見つけたからデッキ組んだらゆっくり動く相手にはキマるけどビートにはボコられるからビート相手の抵抗策で次元型にしたよーって感じ。
 オサキにせよこれにせよシャックルの魔天にせよ、ループでハメ殺すって言葉大好き。
 実際ビート相手には最初からループ捨てて次元で返してった方が強い。


【動き方】
 ドラゴン以外のマナを回収できないため、置くカードは丁寧に決める。
 ゆっくり動けばデッキ一周なんて難しいことじゃないので、ループに入るならパーツの有無をしっかり確認しながら置いていくこと。
 まだ僕自身プレイング詰め切れてない()


【ループ】
1.《ボルバルザーク・エクス》《龍素記号Sr スペルサイクリカ》が手札にある。
2.《超次元ガロウズ・ホール》《テレポーテーション》が墓地にある。
3.マナが14マナ。

 以上の条件を達成した段階でループがスタート。
 ブラッサムがあればエクスはマナでもOKで、テレポ、あるいはエクスガロホが手札にある場合はサイクリカは場でOK。

1.エクス→サイクリカと出し、サイクリカでテレポ。エクスサイクリカを手札へ。
2.エクス→サイクリカと出し、サイクリカでガロホ。エクスを手札へ、ヴォルグを出す。
3.エクス→テレポでエクスサイクリカを手札へ。
4.エクス→サイクリカと出し、サイクリカでテレポ。エクスサイクリカを手札へ。
5.エクス→テレポでエクスヴォルグを手札へ。ヴォルグは次元ゾーンへ戻る。
6.エクス→サイクリカと出し、サイクリカでテレポ。エクスサイクリカを手札へ。
7.エクス→ガロホでエクスを手札へ。ヴォルグを出す。
8.エクス→テレポでエクスヴォルグを手札へ。ヴォルグは次元ゾーンへ戻る。
9.エクスサイクリカが手札、テレポガロホが墓地の状態に戻っている。再度1へ戻る。

 以上の手順の繰り返しでヴォルグを無限ループし続ける。
 相手のデッキの《悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス》が0枚なら確実にライブラリアウトが成功。
 相手のデッキに悠久が1枚の場合、悠久以外にクリーチャーが1枚でもあれば相手の山札が悠久1枚になるまで回してターンを返す。
 相手のデッキに悠久が2枚以上の場合判断する方法がないので、時間制限付きの場合は諦めてループで出すクリーチャーを唯我独尊に切り替えて殴る。時間制限ない場合は日が暮れるまで回し続けてやる。根競べだ!!11

《ドンドン吸い込むナウ》《フェアリー・シャワー》《龍素記号Sr スペルサイクリカ》の3枚がデッキをグルグルと回し続けるため、エクスが盾に落ちていなければ、馬鹿みたいに焦らない限り安定してパーツが揃います。
 基本的にエクスはマナに置いといて《ブラッサム・シャワー》で回収しながらループに入ることが多いです。

【各カード】
・《龍素記号Sr スペルサイクリカ》
 ループの要であるとともに吸い込みながらループパーツを揃え、おまけに次元連打までこなす最強クリーチャー。
 そもそもこいつ、出た瞬間に「場+1、手札+1、あと呪文分のアド」が約束されてて、単純に次元や焦土を何度か撃つだけでも一気にテンポを握れるのがセコすぎる。
 ドラゴンだからブラッサムで回収できる。セコい。

・《ボルバルザーク・エクス》
 ループパーツ。
 ビートダウンとして使う場合に打点を2つ追加するのは非常に強力で、特にこいつ→生姜で一気に盾3つ割りにいけるのは非常に心強い。あるいはこいつ→サイクリカボルホキルキルで次ターン一気にトドメまで持っていけるのも。
 打点にもなりループパーツにもなりって点はサイクリカと一緒、か?
 マナに置くときは慎重に。

・《超次元ガロウズ・ホール》
 ループパーツ。
 サイクリカと一緒に回し続けると割と余裕で死ね死ね死ねって言い続けることもできる。それとバウンス+ガンヴィor生姜で打点2つ消してやれるのも強い。
 弱い点といえば相手の昇竜消せないところか。

・《テレポーテーション》
 ループパーツ。《ショック・ハリケーン》と悩む枠。
 あちらとの違いはこっちの盤面がオチャ1とかでも相手のクリーチャー2枚消せる点で、特にウィニーに対してブースト+オチャから2枚バウンス+オチャパンチで3点分の打点を凌げるのは非常に優秀。
 オチャエンターみたいに並べてきたグレンモルトの打点を消すこともあり。
 ちなみにオチャサイクリカテレポを何度も使ってるとハンデス相手は勝てる。

・《超次元ボルシャック・ホール》
 ビートパーツ。
 パンツァーに繋がるエナホとちょっとだけ迷ったけど、色と対ビート性能を見て断然こっち。キルキル打点が強いのでムシャホにする選択肢は今のところないかな。エンターが増えればワンチャンスありそうだけど。

・《焦土と開拓の天変》
 中盤の繋ぎ要因。
 普通に撃っても1:2、サイクリカで出すと1:4アドバンテージなの本当にセコくて、ビッグマナ相手に大きく不利がつかないのは正直このカードのおかげと言っても過言ではない。つーかそれが正解。
 これサイクリカこれで一気に目標ライン14に近付くのが憂愁だよねって感じ。

・《天真妖精オチャッピィ》
 2枠。
 ビートダウン相手、ハンデス相手、ランデス相手と役割は非常に広く、またガロホを最初に使う時に戻す対象にもできるため、デッキコンセプトに超ピッタリの可愛子ちゃん。
 墓地に落ちたエクスをマナに置いてブラッサムで無理矢理手札に引き上げることもできる。弱いこと一切書いてないのが凄い。

・《霞み妖精ジャスミン》《ブラッサム・シャワー》《フェアリー・ライフ》
 初動合計9枚。他のスペースが割とキツめで、実はジャスミンあと1つ増やしたいけど増やせないでいる枠。
 クリメモあるしサイクリカで回収できるからブラッサムはピンでもいいのかもしれないけど、ループ成功率が割と大きく落ちたのでここは個人的には2投したかった。

・《パクリオ》
 どんな相手にもひとまず出しておきたい。ガイギンガ系の相手には特に出したい。大体の場合は唯我独尊を揃えて殴るかサイクループでLOさせるため、このカードが使いたくないという場面はほとんどない。
 ガロホの回収対象でもあって、これガロホこれとかこれ吸い込むこれって繰り返して強引に相手をじり貧にしてやることもよくある。

・《ドンドン吸い込むナウ》
 ビッグマナ的な基盤の最強カード。ビートメタ、キューブでデカいの出てきた時の凌ぎ、パクリオ回収と役割はびっくりするぐらい広い。
 このカードがあるおかげでループパーツを揃えるのが非常に安定する。特にサイクリカと併用してればデッキが簡単に一回転するってのが非常に大きい。
 最低でも1枚は墓地に置いておくよう心がけた方がよさそう。

・《クリスタル・メモリー》
 カードパワーとしては吸い込むに及ばないものの、デッキ把握が早期に行える点、また強引にループパーツやシノビを持ってくる点は非常に優秀で、最低限ピンで入れれば絶対仕事するマン。
 これ1回使っておくと15マナぐらいからサイクリカこれジャスミンエクスこれテレポエクスで強引にループ入ったりもするし、ガイギンガ系の相手にトリガーから絶対グレンマル持ってきたりもする。

・《フェアリー・シャワー》
 中盤の繋ぎ。
 焦土と同じく普通に使って1:2アド、サイクリカで使うと1:4アド。ハンデス相手には3回チャージエンドからこれ撃つことが結構多い。
 そしてやっぱりビート相手に踏ませると強い。4にしてもいいけど、多色が多くなりすぎるんだよなぁ……。

 このデッキは対ビートと対キューブを同時に見る成分で出来ています。出来ています。

・《不知火グレンマル》
 これないとガイギンガ相手にワンチャンスもない。以上。

・次元枠
 正直説明するまでもなさそうだけど一応。
 ループに使うヴォルグ、ビート時のフィニッシュに使う唯我独尊に加え、ガロホを中盤の繋ぎカードにできるパンツァー、ビートメタ強化でガンヴィ、打点強化でキルキル。以上。
 パンツァーはガロホ→サイクリカガロホで何度も何度も出しに行けて、そのうち一度でも通ればアド獲得に繋がる。ハンデスなんかが妨害から逆妨害防いで次元並べる一方、このデッキでは施行回数を増やして通していく。


 説明はこんな感じ。
 使うと分かるけど、ビマナ相手の場合見た目以上にデッキが動いてループ準備整います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

テラタカ

Author:テラタカ
ブログIDはclustertypeTにするつもりがタイプミスしました

WIXOSSめいんのかーどげーむぷれーやー
他の趣味としては長期人狼もやってます
基本はでっきおきばれぽおきば

各記事引用ふりー(とか書かなくても勝手に皆引用するか)

twitter:@terratakk
人狼BBS:terratakk

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。