FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

って思ってたらプリンもぎ取った1500円

「『青/ビギニングドラゴン10枚差替』
《龍素記号 iQ サイクロペディア》×4

《零次龍程式 トライグラマ》×3
《超閃機 ヴィルヴィスヴィード》×2
《クリスタル・スーパーパラディン》×1

《アクア・ジェスタールーペ》×4
《アクア・ティーチャー》×4

《蒼狼アクア・ブレイド》×4
《アクア戦闘員 ゾロル》×4
《アクア・ビークル》×4

《アクア・ソニックウェーブ》×3
《アクア・アナライザー》×2
《アクア・ハルカス》×1
《アクア・エボリューター》×3
《スパイラル・ゲート》×1

-out-
《アクア・サーファー》×4
《超閃機ヴィルヴィスヴィード》×1
《アクア隠密 アサシングリード》×3
《アクア・アナライザー》×1
《アクア・ソニックウェーブ》×1
-in-
《龍素記号 iQ サイクロペディア》×2
《零次龍程式 トライグラマ》×2
《クリスタル・スーパーパラディン》×1
《アクア・ジェスタールーペ》×4
《アクア・エボリューター》×1


【コンセプト】
サイクロサイクロトラグラトラグラ対あり(前回と変わらず)

 ビギニングドラゴンの限定構築戦は、「優秀なはずのパワーラインで赤に負け、ドローソースもなく妨害もなく、ビートには容易にメタカードが積まれる」という白は勝手にフェードアウトしていくと予想できたため、基本的に見ておく必要があったのは赤と青だった。
 青とはバウンスを重ねながらの展開スピード合戦、赤とは火力をケアしながらのビートvsコントロール的な試合を想定する必要のあるカードプールだったので、とりあえずパワーラインの底上げとフィニッシュスピードを上げてやるのが最適と判断。ジャバジャックからの動きも悪くはなさそうだったけど、あいつの6000ラインは気に入らなかったのでスルー(あと買うの面倒だった)。
 というわけで元々のデッキコンセプトをそのままにしてフィニッシャー枠を増やす方面に自動で決定。結果この構築に。
 デッキ3つ買ってルーペだけ4買って、後は適当なDRのパックからスーパラ引き当てるだけだったので、本当に1500円ぐらいで組めた。
 ネタとして残しておいても良さそう。

【動き方】
 めっちゃ並べたら並べるのを強化するカードを使って更に並べて並べられるだけ並べたら纏めて大きくして終わらせる。

【各カード】
・《龍素記号 iQ サイクロペディア》
 フィニッシャーとドローを兼ねる。最速4、平均5~6ターンでの召喚が可能で、3ドローからの更なる展開加速ができる。
 出せば勝ちに直結する上、赤の火力に潰されない打点は優秀なため4。ひとつ出てくれば勝手に増殖していく辺り、ちょっと違うけどドルゲーザを思い出す。
 きちんと盤面並ばないと紙っぺらなのもなんとなく似てる気はする。

・《零次龍程式 トライグラマ》
 前回も言ったけど、なぜ抜く人が多いのか一切理解できないカード。このデッキの一番重要なフィニッシャー。
 一応最速4tからゴリ押していくのも可能だけど、多分それもう負けてる試合が多いかなーとは思う。
 それより重要なのは、青の一番不安な負け筋である「トリガー、特にタイグレ踏んでぽーん」をケアできるって点。赤は基本的に火力による除去に寄せてコントロールしてくることが多かったため、火力避けできるカードは非常に強い。というか火力避けの要素を入れないとパワー低い青は勝ちきれない。
 ギャノバズカ+ナックルで潰されない12000はすごい重要。 サイクロきちんと出せばティーチャービークルゾロル出した上にいきなり乗せてSA3打点構築することもでき、デッキの速度を上げる要因にもなる。
 サイクロさえ立ってればケアのためにひとつ引くだけでちゃんと機能するし、序盤に引きすぎたらマナにバイバイグラマするしかないから3枠。

・《超閃機 ヴィルヴィスヴィード》
 短い夢を重ねたい感ある。
 本題。前回はアサシンだった枠。
 デッキとして溜めて横に広げる動きと殴りに行く動きの2つがあるのは多分言わずもがななんだけど、アサシンと違ってこいつは2打点・火力避け・出てすぐ叩き込めると「殴りに行く」動きの時にめっちゃ優秀。
 というかアサシン使ってたらマナに置くしかなかった。あっちは出してすぐ殴ってテンポ良く試合を進めることができない一方、こっちは可能だから。
 エボリューター積んだこともあって、コスト5を意識しすぎることもないし。
 引きすぎは嫌ってことでやっぱりこいつも3にしてたけど、スーパラに1枠割きたいなと思って結局2。

・《アクア・スーパーパラディン》
 ニャンニャンプリン軸の白に無敵城張られてコルテオからフルボッコ敗北喰らったトラウマがあったためピンで投入。白に対する強烈なメタ。
 デッキ自体は回転させるのが難しいもんでもないし、ティーチャーとのアンチシナジーもあるしで1。多分0か1の枠だったはず。

・《アクア・ジェスタールーペ》
 展開の核その1。
 4t目には可能な限り出しておきたいので4。並べるもドローするもこなせる動きはサイクロと噛み合いすぎてて、入れない選択肢は存在しなかった。
 アナライザーからこいつに繋げば勝ちみたいなもの。

・《アクア・ティーチャー》
 その2。
 そもそもビギニングドラゴンデッキ青は「ティーチャーエンジンにすることが前提で、それに綺麗に改造を噛み合わせる」ことを命題としている。バニラ12枚に加えてこいつ4、おまけにトラグラ1と合計17枚も噛み合うカードが突っ込まれてるんだから、10枚差し替えでこいつを抜くって選択肢はありえない。
 逆にこいつ抜くような改造した人いたんだろうか……?
 ちなみに1tティーチャーは一度も決まりませんでした。修業足りない。

・ 《蒼狼アクア・ブレイド》《アクア戦闘員 ゾロル》《アクア・ビークル》
 ひとつも抜かずフル投入。
 ティーチャーエンジン+トラグラのためのカードであることは言わずもがなだけど、まあ抜く理由ないよねってところ。
 優先度はゾロル>ビークル>ブレイド。ゾロル>ビークルは当たり前として、ブレイドが最下位なのは単純に火力の微ケア以外で勝てる部分が何一つないから。
ブレイド1抜いてヴヴヴアナライザーのどっちかを1つ足す選択肢もないことはなかった。

・《アクア・ソニックウェーブ》
 ギャノバズカ、スピアルピア、うざいブロッカー等をバウンスできる。
 単純に並べるにしても殴るにしてもひとつバウンスしてテンポアド手に入れるのは非常に優秀なのはヴヴヴと一緒。いや役割は違うけどさ。
 先手3t目みたいに腐る時は腐るし、他に抜きたい枠がほぼなかったために1つ抜いて3。絶対引きたいカードでもなかったしね。

・《アクア・アナライザー》
 ルーペやティーチャーとの噛み合いがアホみたいに強い。特に、3tこいつからの4tルーペすれば試合は勝ちみたいなもの。
 GJないから上をずらされる心配もないし、事故緩和にもなる。
 ブレイド1抜いてこいつ1つ入れてもよかったかもしれない奴。10枚入れ替えのうちの1に引っ掛かけてまで入れたい奴でもないので増量はしなかった。

・《アクア・ハルカス》
 ティーチャーが出てたらブレイドの完全下位互換になる1枚。
 勿論それ以外の状況なら強い。手札を減らさないパンチャーがビートで強いのは当たり前のこと。
 こいつ4枚積ませてくれませんか?

・《アクア・エボリューター》
 こないだの奴のうち、バットマスクと差し替えた上でひとつ追加した枠。
 ヴヴヴ入れてないならただの棒立ちカードだからってことでバットマスクにしてたわけだけど、ヴヴヴ入れるならこいつで大丈夫だろっていう分かりやすい話。
 2じゃなく3の理由は、バットマスク入れてた時の2コス10だとたまに動けないことがあったため。流石に初動3tは割と余裕で人権ない。
 4にするには確保できる差し替え枠がなかった。

・《スパイラル・ゲート》
 正直クリーチャーにしてもよかった気がする枠。
 展開の横で撃てるコスト・一応トリガーって点を評価するか、ジェスターでめくったら昇天する上にテンポ自体は取れないってデメリットを考えるか。
 一応、バジュラとかバトライオウを返せるのは強力。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

テラタカ

Author:テラタカ
ブログIDはclustertypeTにするつもりがタイプミスしました

WIXOSSめいんのかーどげーむぷれーやー
他の趣味としては長期人狼もやってます
基本はでっきおきばれぽおきば

各記事引用ふりー(とか書かなくても勝手に皆引用するか)

twitter:@terratakk
人狼BBS:terratakk

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。