FC2ブログ

青t黒赤ACRO/《コード・ピルルク ACRO》

 カードゲーマーが出て環境の前半が終わったから、その間使ってたACRO公開。
 そんな難しいデッキじゃないです。


『ACRO』
-LB
《コードラブハート C・M・R》×3
《コードアート A・C・G》×4
《コードアート V・A・C》×2
《コードアート T・V》×1
《サーバント T》×2
《サーバント D》×4
《サーバント O》×4

-非LB
《幻水 シャークランス》×4
《幻水 シャコタン》×3
《幻水 クマノミン》×3
《コードアート R・F・R》×3
《RAINY》×1
《CRYSTAL SEAL》×2
《コードアンチ アステカ》×1
《コードアンチ ヘンジ》×2
《烈情の割裂》×1

-LRIG
《星占の巫女 リメンバ》
《星占の巫女 リメンバ・モーニ》
《星占の巫女 リメンバ・ヌーン》
《コード・ピルルク・G》
《コード・ピルルク・Ω》
《コード・ピルルク ACRO》
《ドント・ムーブ》
《デッド・スプラッシュ》
《アンシエント・サプライズ》
《アンシエント・サプライズ》


■簡単なお話■
 環境前半は、カードパワーの関係でマユを中心にメタゲームが展開することが容易に想像できた。そのため、最大手となりそうな紅蓮マユ相手へのメタをきっちり搭載して構築しよう、と考えた結果、この形のACROに。

 紅蓮マユ相手に考えるべきことは「ほとんどシグニが殴られないためにエナが溜まらない問題をどう解決するか」と「マユグロウ後の合計2ターンをどういなすか」の2点。これらを解決しようとした結果、RFR・シャコタン・クマノミンといったルーターを大量に採用してデッキの回転効率を引き上げ、エナ確保のためのシール・防御用のアステカヘンジを無理矢理引き込む形にするのが最も自然、という結論に至った。

 ACROに一度乗れば手札まわりの問題は全部解決するのでMGTやGRBに無理に頼る必要がなく、そいつらが入っていた枠にLBエナチャの鯖を突っ込んでいくことで更に強引にエナを伸ばせるようチューン。
 Lv1が13枚あるのは「12だとなんとなく引けないことが多い」ってレベルの感覚論的な話だから、TVを抜いてカメラを1枚増加させるのも普通にアリ。

 基本的にACROにグロウするまでは空いた盤面とルリグ以外ではほぼパンチせず、ルーターやシャークで強い手札になるようにデッキを大きく回転させることに全力を尽くす。
 どうせ5にグロウしたときに全ハンデスできるので、相手のシグニを殴ってわざわざエナ変換させてやる必要はないぞ、ってこと。

 5にグロウしたら、基本はカメラ立てて盤面を何度も殴りつける。ACROに乗る→カメラを出して3面殴ると、相手が何もしなかった場合、次のターン必ずシグニゾーンが1面空くことになる。つまり、相手に多少無理矢理なケアを強要する。
 基本的にはそんなもん。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

テラタカ

Author:テラタカ
URLのclustetypetは
clustertypeTにするつもりで
たいぷみすしました

うぃくろすをめいんにしてる
かーどげーまーです
後は長期人狼もやってます

基本はでっきれしぴおきば
かばれーじや考察も書きます

各記事引用ふりーですが
一応報告あると
てらたかが喜びます

twitter:@terratakk
人狼BBS:terratakk

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
カウンター