FC2ブログ

水着花代でシェイシェイハ!!

水着は好きかーーーーっ!!
(ウオオーーーーッ!!)
花代は好きかーーーーっ!!
(ウオオーーーーッ!!)
金蘭之契を組みたいかーーーーっ!!
(ウオオーーーーッ!!)



『シェイシェイハ水着花代/《金蘭之契 花代・肆》』

-LB
《羅石 サンスト》×4
《羅石 オリハルク》×3
《羅石 タイアイ》×4
《羅石 カーネリアン》×4
《サーバント T》×4
《サーバント D》×1

-非LB
《羅石 スピネル》×3
《羅石 ムンスト》×4
《羅石 ヒスイ》×2
《羅石 キャッチャイ》×4
《羅石 アメジスト》×3
《サーバント O2》×4

-LRIG
《spread WIXOSS》
《焔 遊月・壱》
《焔悔 遊月・弐》
《熾炎舞 花代・参》
《金蘭之契 花代・肆》
《ロマネ・ディフェンス》
《火福糾縄》or《捲火重来》
《オーバーサルベージ》
《サルベージ》
《ペイ・チャージング》or《チャージング》
(orカードは調整枠)


■クロス軸花代について■
 4まで進む花代を使ってるor使おうとしたことがある人は皆知ってることなんですが、これからえっちな水着姿の花代さんを構築しようと考えている人に一応説明しておくと、花代には優秀な防御アーツも、優秀なエナチャージカードも、果てには優秀なドローソースすらもまともに存在していません

 そのため、他のルリグがやっているような7t~10tかけた中速気味のゲーム、あるいはピルルクやアンなんかの重厚なゲームに対応しようとすると、簡単に息が切れてしまいます。
 他色からパーツを引っ張ってくれば防御・エナ確保・ハンドキープのどれかはできるようになりますが、全部を確保することはほぼ不可能なためです。

 つまり、Lv4の花代で戦おうとするなら、4にグロウしたターン、あるいはその次のターンをデッドラインとして一気に勝負を決めに行く必要があるということになります。
 アーツもそれに対応して、最低限のリソース確保と最低限の防御アーツだけ搭載したら、後は殺意に全てを注ぐのが望ましいわけです。

 金蘭……いや面倒だからもう水着花代って呼びます。水着花代が目指すフィニッシュは、まあ言わずとも……って感じではありますが、直接ライフクラッシュ+アサシンを前提にした豪快なキルになります。
 今回の構築は、その「目指すキルパターン」を作ることに特化した、混じりっ気のない形を目指してみました。


■各カード■

・《羅石 サンスト》《羅石 ムンスト》
 このデッキの主力、どちらも問答無用で4投です。
 ムンストにアサシンつけて殴りに行くとムンストサンスト両方がアサシンになれるので、相手にムンスト側への処理をほぼ強制させることができます。
 実はクロスしないでサンストだけで立ち回ることもたまーにあります。

 サンストで一番重要なのは、ヘブン時アサシンではなく、「宝石・鉱石を3枚捨てることで、互いのライフを1枚クラッシュ」という部分です。
 フィニッシュタイミングで自分のライフをリソースに変化させつつ相手のライフを割っていくことができ、この効果のおかげで序盤にちょっともたつく部分を緩和することができます。
 この効果を最大限に利用するため、デッキはサーバント以外全部石尽くしの構成を採りました。


・《羅石 タイアイ》《羅石 キャッチャイ》
 多分ここの枠を何投するかで迷っている人が結構いる気がしますが、問答無用で4投という結論に至りました。
 カーネリアンと合わせてこいつらを使うと序盤中盤のハンドキープが非常に容易になりますし、また、クロスシグニを出せばヘブンしなくても水着花代の一徹付与効果が使用できるためです。


・《羅石 オリハルク》《羅石 ヒスイ》《羅石 アメジスト》
 ハンドキープの重要性が高いデッキタイプなので、バニッシュには基本的にリソースを吐かないものを採用します。
 というわけで、よく見るアメジスト・ヒスイに加え、あまり見かけることのなくなったオリハルクまで今回は投入する形となりました。「盤面を空けてしまうケルベルン」みたいな感じです。

 ヒスイとアメジストの枚数は逆でも良いとは思いますが、「1t目にキャッチャイを置いたらバニッシュされそうだから置きたくない」というような相手に対してキャッチャイを置かない択が選べることもあり、今回はアメジストを多めに採用しています。


・《羅石 カーネリアン》
 さっき言った通り鯖以外石尽くしなため、ヒット率は3/4を超えます。メインのアドバンテージ源の1枚です。
 ここについては説明する必要もなさそうなんですが、見てハズレだった時チャージングを撃って2枚目のカーネリアンを出す動きは覚えておいて損がない、というのは覚えておいてください。


・《羅石 スピネル》
 新弾から参入した宝石のうちの1枚です。
 ちょっと分かりにくい効果なんですが、使用タイミングは多々。

①水着花代に乗ったターンにフィニッシュまで持っていけない場合に、効果を2回利用することでリソース2で2面空けを行うことが可能。相手にアーツを吐かせるか、あるいは2点余分に刻めます。
②4t目までにサンストが引っ張ってこられなかった場合に使用し、デッキを掘りに行くことでサルベージからのサンスト回収を狙って行くことができます。
③単純にアンサプが怖いときにこいつ→クロスシグニを出しこいつにアサシンを付けることで飛び越えて行けます。

 要するに、「デッキ堀り・ダメージソース・追加Lv4枠」という、安定性を底上げする役割を担っているってわけです。
 かなりカードパワーは高いので、今後Lv4の花代を使用する場合でも結構な採用率になると思います。


・《サーバント》9枠
 ロマネ使用のためのエナ置き分と合わせ、ギリギリ4tあるいは5tまで耐えられる程度の枚数を確保すると9枚になりました。場合によっては1枚減らすのも考えています。
 枠については、「1t目にキャッチャイを出したくない」「3t目にムンストを出したくない」という2つの理由から、そのLv帯で使えるO2とTを優先採用。最後の1枠をOにするかDにするかでちょっと悩みつつ、キャッチャイ抜いて11あればもう十分だろという適当な理由でDを入れたって感じです。

 アンシエントリターンを採用するなら10枚にするのもナシではないですが、スピネルで鯖が落ちまくって何もバニッシュできない「スピネル芸」を披露することにもなりかねないので、あまり増やすのはオススメできないです。


・《spread WIXOSS》
 ファンデッキに近いタイプなんだしふつーに花代でもいいじゃん! って思うかもしれませんが、一応最低限の実用性を求めること、それと先手1tツーダストでカーネリアンキャッチャイとか落とされると試合ができないためここは頑なに無色の記念ルリグを推しておきます。
 できるだけ花代らしさを出したいという場合、遊月ブラフを切って《infected WIXOSS》を採用するってのが限界だと思います。


・《焔 遊月・壱》《焔悔 遊月・弐》《熾炎舞 花代・参》
 安定枠。
 Lv1・Lv2での遊月ブラフを考えないのであれば、花代にしてしまっていいです。


・《金蘭之契 花代・肆》
 コンセプトカードです。全ての効果に使用機会があります。イラストレーターによって胸の大きさが変わるの、どうにかしてください
 他の花代と比べ、直接ライフクラッシュとアサシンというダメージソースのおかげで、相手シグニの除去耐性をすり抜けられるという強みがあります。
 弱みの防御の脆さとかは全く解決してないんですが……まあ、ガチデッキな花代は轟炎にしばらく任せておいて、水着花代では豪快にシェイシェイハして楽しみましょう。


・《ロマネ・ディフェンス》
 おまもり。
 フィニッシュに全リソースを裂きたいため、最低限の防御カードとして採用しました。横浜付近のウィクパに行くと、よく「ライフ2だからLB1ドローでワンチャン!!」とか叫んでる僕が見られます。


・《火福糾縄》or《捲火重来》
 相手のアーツをケアするか、いられたら面倒なシグニを詰めで突破するための枠にするか、という選択肢になります。
 主にアラクネ2面やリソース吐けない時のコンポラ、後サタンなんかを突破するのが火福の役目で、アンサプやゼノマルみたいな他色エナを使用するカードを止めに行くのが重来の役目です。まあ環境を見てってところで。
 今のところは重来を採用しています。


・《オーバーサルベージ》《サルベージ》
 単純に片方はクロスシグニを揃えるカードとして使うことが多く、もう片方はサンストで投げる宝石の確保カードになることが多いです。
 ハンドキープが不安定になりがちなこのデッキでは必須な枠。3枚全部サンストで投げるためのカードを回収することも割とあります。シェイシェイハ!!


・《ペイ・チャージング》or《チャージング》
 フィニッシュタイミングでサーバントを引いてしまった際に投げ捨てられるのがペイチャージングで、フィニッシュタイミングで宝石をキープしたい時に何も投げなくて済むのがチャージングです。
 エナが足りなくなるパターンより手札がちょっと足りないパターンの方が体感で多い気がしたので、今のところはチャージングが入っています。


■不採用なカード■
・《烈情の割裂》
 相手のエナがそこそこ伸びることがあるため強いタイミングは結構存在するんですが、スピネル芸人しがちなこと・フィニッシュタイミングでアーツを吐くためアイドルを撃たれやすいこと・引きが不安定なことなどがあるため採用を見送りました。


・《硝煙の気焔》
 エナを伸ばしながら序盤の焼きを行えるので、スピネルのことを差し引いても入れる選択肢はナシではないと思います。ただ、ディスアドバンテージになっているという所が大きく、とりあえず純粋な動きに特化したかったので投入はやめておきました。

 基本的にスペルは「3t目までに引かなければ弱い」「スピネル・サンストとアンチシナジー」という理由から採用を控える形になっています。


・《コードアンチ アステカ》《アンシエント・サプライズ》
 防御に3エナも払っている暇はありません。
 トラッシュもあまり肥えず、そもそもデッキを掘りまくる構築じゃないせいで防御アーツとして機能するタイミングも怪しいところだったので採用していません。


・《烈覇一絡》
 調整始めた頃は入れてたんですが、使う機会が全くなくて抜きました。
 赤3コストはカロリーが高すぎる。


■動き方■
 細かいことに拘らず、序盤で火力とドローによってアドバンテージ量に差をつけて、準備が整ったら花代能力とサンスト起動を強引に叩きつけて相手ライフ一気になくしてトドメ刺しに行きます。
 本気で動くと相手のライフが4から一気に0になったりします。マジでシェイシェイハ!!シェイハッ!!シェシェイ!!ハァーッシェイ!!って感じです。



 遅くなりましたが、現行の水着花代さんのレシピでした。
 水着花代さん、スレンダーな八頭身モデル体型なのに胸は大きいんだよなあ……えっちだ……
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カクセンは使わないのでしょうか?
参からのダイレクト,X揃わない時のアサシンでキルタイミング早められそうなのですが

No title

>七氏さん

 うーん、そうですね。クロスとの噛み合いの悪さを考慮に入れても確かに役割の多いカードではあります。
 が、「花代相手には中央にパワーの高いシグニを設置して安易に焼かれないようにする」というプレイを行う人が多く、3t目に使えることはまずほとんどないです。
 そして現状の構築だと後手4t目・先手5t目には確実に相手を殺しに掛かるため、多分使うタイミングが先手4t目にクロスシグニ引けなかった時ぐらいじゃないかなあと思い、採用には至りませんでした。

 防御アーツをもうちょい厚くしてフィニッシュターンを6t目ぐらいにずらしてる形にすれば十分採用圏内だとは思います。
プロフィール

テラタカ

Author:テラタカ
URLのclustetypetは
clustertypeTにするつもりで
タイプミスしました

ウィクロスをメインにしてる
カードゲーマーです
後は長期人狼もやってます

基本はデッキレシピ置き場
カバレージや考察も書きます

各記事引用フリーですが
一応報告あると
てらたかが喜びます

twitter:@terratakk
人狼BBS:terratakk

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
カウンター