FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシレン無限ループの、始発点と終着点

 こないだのウムルの記事の、特にアシレンループの部分にちょろっと反響があったので、ちょっぴり細かく書いちゃいます。
 鉄は熱いうちに打て! ネタは熱いうちに書け! アクセス数はそれで伸びる! ブログ書くならこれが鉄則!(?)



■おさらい■
 まず、この記事の大前提になっている「アシレンループ」について、再度説明しておきます。

準備:手札にアシレン2枚・山札にヴォイニ1枚・トラッシュにヴォイニ1枚アシレン1枚+適当なLv4古代兵器2枚Lv2古代兵器2枚Lv1古代兵器1枚
プレイ条件:使ったアシレン・及びヴォイニはすぐトラッシュに送る

 なお、アシレン2枚とヴォイニ1枚を起動できればいいため、「手札にアシレン1枚・トラッシュにアシレン1枚がありウムル効果が使える」「手札にアシレン1枚ヴォイニ1枚があってデッキがアシレン1枚」、あるいは「手札にアシレン2枚・デッキが1枚・トラッシュにヴォイニ2枚でウムル効果が使える」という状況でもループを行うことは可能です。
 また、もちろん「手札に古代兵器とアラハバキがあるためアシレンが出せる」とか「デッキ1枚がアステカなのでヴォイニが使える」とかでもループできます。

①アシレンで山札にアシレン→1兵器→2兵器→4兵器と戻し1ドロー
②アシレンで山札にアシレン→ヴォイニ→2兵器→4兵器と戻し1ドロー
③ヴォイニで山札上から3枚を落とし1ドロー
④アシレンで山札に4兵器→アシレン→ヴォイニ→2兵器と戻し1ドロー
⑤ヴォイニで山札上から3枚を落とし1ドロー
⑥アシレンで山札に4兵器→2兵器→アシレン→ヴォイニと戻し1ドロー
⑦ヴォイニで山札上から3枚を落とし1ドロー
⑧手札にアシレン2・山札にヴォイニ1という状況に戻っている。再び①に戻る

 以上のループに関しての細かい説明がこの記事の趣旨になります。


■ループの始発点■

Q.アシレンループすぐ妨害されちゃうしウムル弱くない?
A.そもそもなんですが、あの構築のウムルでこのループを毎回狙うということはしません。実際の話、先日のWPSでは一度も無限ループを使用しませんでした。

 前提としてデッキを大量に落とした上で条件を整えてアシレンを何度も積み込む必要があるため発動に細心の注意が必要で、そもウムルの除去性能がかなり高いためループしなくても2,3面は簡単に空いちゃうんですよね。
 なので、ループは狙える時だけ狙うのが重要です。毎回ループしたいならそういう専用構築にする(ヨグソとの噛み合いを兼ねてミリアを入れるとか、キティラヴォイニアステカまでフル採用にするとか)のが無難じゃないかと思います。

 それとなんですが、専用構築でない限り4t目入ってすぐのループはほとんど成功しません。
 例えば先手を取った場合、4t目までには7ドロー。初期ライフと手札を合わせて12枚で、何も手を付けなかった場合、残りの山札は合計21枚。おまけに、一度アシレンを使ってデッキを積み込んだ上でループする必要があります。
 削る必要のある山札が20枚前後。4t目だと、実にキティラヴォイニ7回分です。
 ヴォイニの成功1ドローとか、LBエナチャとかのおかげで実際の必要回数はもうちょい少なくなりそうではありますが、専用構築でなければ流石に無茶なのが分かるでしょう。

 能動的に早いタイミングでループを始めたいにしても、5t~6t目ぐらいに始めるのが無難です。幸いにも混沌ウムルが無償で山札を削れるため、ここらへんのターンになるとある程度ループスタートが安定します。


Q.そもそも山札にヴォイニ1枚だけ+アシレンが2枚出せるって状況にすること自体に無理がない?
A.さっきも言った通り、無理そうならループは狙いません。ただ、アシレンの山札仕込みをパターン化して覚えておくと、ある程度ループの成功率は上がります。

例:ウムル効果でネッシーをボトムに送った後、あらかじめアシレンでデッキボトムに4兵器→2兵器→アシレン→ヴォイニと積み込み、山札10枚・手札にヴォイニかアシレンがある状況でターンを渡す。


 この状態だと、山札は「不明→不明→不明→不明→不明→ネッシー→4兵器→2兵器→アシレン→ヴォイニ」になります。
 次のドローで不明2枚を引き、ウムル起動で不明3枚をトラッシュ送り。それからヴォイニ起動でネッシー4兵器2兵器を落とせばアシレンが拾えるため、ウムルのもうひとつの起動でアシレンorヴォイニのうち足りない方を拾ってしまえばループが開始します。

例2:アシレン2回で山札をヴォイニ→キティラ→4兵器→2兵器→アシレン→ヴォイニ→4兵器→2兵器としておき、ヴォイニorキティラに触れた瞬間に起動からアシレンを拾う。


 そもそも、「アシレンが2枚出せる状況+デッキがヴォイニ1枚のみ」とだけ書いてあるから、このループは難易度が高く見えるんです。
 「デッキが残り全て古代兵器で、アシレンでヴォイニを、ヴォイニでアシレンを引ける」という状況さえ作ってしまえば、アシレンで山札を3枚増やす→ヴォイニで山札を4枚減らすという行動を何度も続けることで山札をヴォイニ1枚にするという条件はすぐ達成できちゃいます。
 極論、「アシレンヴォイニ4兵器2兵器4兵器アシレンヴォイニ2兵器4兵器2兵器アシレンヴォイニ」って山札を積み込んでしまえばアシレンから勝手に連鎖してデッキが1枚になります。
 「アシレンヴォイニ4兵器2兵器4兵器アラハバキアステカ1兵器3兵器2兵器パルテノヴォイニ」といった、アシレンやヴォイニを代用で出せるカードを使ってもこの形にはなり得ます。

 結局、アシレンでボトムに送ったカードを逐一覚えてしっかり積み込めば、ループ自体は成立するんです。
 ……もちろん、そこに妨害が加わったりして、その対応を覚える必要があるから面倒なんですけれども。


■ループの終着点■
Q.で、このループ、結局最後どういう形にするの?
A.相手からの妨害行動をケアしてターンを終えます。

 単純な話なんですが、このループは何度も「アシレン手札2枚・ヴォイニ山札1枚」という状況を作り続け、その間に放ったアシレン効果をヨグソと重ねて相手の場をすっからかんにするループです。
 ですが、ループで相手を全面バニッシュした時点で満足しちゃダメです。ループを終えたら、最後は場もデッキも綺麗な形にして終えなければなりません。
 ぶっちゃけただの全面バニッシュだけだと今では「ふーん」で終わっちゃう環境ですからね。

 たどり着くべき終着点をパターン化して覚えられるかどうかというのは、結構重要になります。
 具体例を3つ挙げてみましょう。

①何もケアしない場合
①場のパワーラインが低い場合、ループ⑥で戻すカードを1兵器→2兵器→アシレン→4古代兵器にする。
②アシレンで「ヨグソトス→アシレン→ヴォイニ→2兵器」と戻し1ドロー


 例えば、特に何もケアする必要がない場合、この手順になります。
「相手にハンデスがない、アンサプもなさそう、ネクトレもなさそう」という場合にのみ行える最も簡単な手順ですが、該当する相手はそんなにいません。強いて挙げるなら、「アンサプを防御に回さざるを得ない状態の、リソースが枯渇したリメンバ」とか「試合を横で見ていたのでアークディストラクトが入っているのを知っているタウィル」とか「古代兵器がまるで見えないアン」とかでしょうか。

 少なくとも、これで場は「ヨグソトス・アシレン・Lv4」という状態にできて、なおかつ次のターンにも問題なくループがスタートできる状況にはなりました。
 けれど、折角トラッシュが肥えている状況でこの「通常リフレッシュだけは回避するよ」って形の終了をしてしまうのは、非常にもったいないです。


②ネクトレのみをケアする場合
①ケアなしの第一行動と同様の処理の後、アシレンでアシレン→ヴォイニ→ヨグソトス→2兵器と戻し1ドロー
②アシレンで2兵器→ヨグソトス→アシレン→ヴォイニと戻し1ドロー


 ネクトレ1枚で4落としされた場合のみをケアするなら、こういう積み込み方になります。
 この場合、手札にアシレン+4兵器があり、デッキは上から「ヴォイニヨグソトス2兵器2兵器ヨグソトスアシレンヴォイニ」となっているのが分かるでしょうか?
 このように積むと、相手がネクトレを使用しなかった場合は「ヴォイニヨグソトスをドロー→ヴォイニ効果で3枚落としてアシレンをドロー」とすることでアシレン2ヨグソトスが手札・ヴォイニ1が山札にある状態になり、相手がネクトレを使用した場合はそのまま「アシレン・ヨグソトスをドロー」で同じ状況にすることができます。

 主に「アンサプが入ってなさそう・ハンデスはなさそう」を満たす高レベル花代やタウィル、一部の型の緑子あたりを相手にした時に行うことが多い積み込みです。
 緑子相手には、①でパワーの低いシグニを手札に加えることでLB及び雲散霧消ケアを行うことになるでしょう。


③アンサプ・あるいはメツム1回出しとネクトレとハンデスをケアする場合
①ケアなしの第一行動と同様の処理の後、アシレンでアシレン→2兵器→ヨグソトス→ヴォイニと戻し1ドロー
②アシレンで1兵器→2兵器→パルテノ→キティラと戻し1ドロー
③アシレンで2兵器→ヨグソトス→アシレン→ヴォイニと戻し1ドロー


 ネクトレとアンサプのどちらも撃たれうることを想定した場合、山札の積み込みはこうなります。
 手札に適当なLv2古代兵器を持っておきつつ、デッキは上から「ヨグソトスヴォイニ1兵器2兵器パルテノキティラ2兵器ヨグソトスアシレンヴォイニ」。
 何も落とされなかった場合はヨグソトス+ヴォイニを引き、ヴォイニ起動でキティラドロー→キティラ起動でアシレン回収からウムルを捻ればループが完成しますし、
 7枚落としに対してはそのままアシレン+ヨグソトスを引いてデッキがヴォイニなのでウムルを捻ればループが完成しますし、
 4枚落としに対してはパルテノとキティラを引き、(2エナ掛かってしまいますが)パルテノ起動キティラ起動ウムル起動でやはりループが完成します。

 主にピルルクやミルルンとかに対して行うことが多いであろう積み方がこれになります。特にミルルンはハンデス・アンサプ・ネクトレ全てを持っていることが多いので、その全てに対応しなければなりません。
 とはいえ、それぞれの1発動に対してケアが効く代わりに「アンサプ+ネクトレの1ターン同時発動」「アンサプ2回」に対してはケアが効きません。手札もエナも潤沢な状態のミルルンにはループを行うのは困難でしょう。

 後、一番覚えやすい7落としケアでもあるので、紅蓮ウリス相手にとりあえずのケアとしてこの積み方をすることもあるかと思います。
「アンサプもネクトレもハンデスもケアできるなら毎回これにすればいいじゃん」と思う人もいるかもしれませんが、こちらはウムル起動を必ず使う必要がある一方、あちらはウムルを寝かさずにアシレン2枚とヨグソトスを手札に加えられます。おまけにこちらはトラッシュに必要なカードの要求値もちょっと高めです。


 ――と、こういった具合。
 ライフやエナに必要カードが大量に埋まっていて積み込みができない場合は①を、そうでない場合は②や③で相手の妨害行動のケアを、というように、相手の行う行動に合わせて細かな山札の積み込みを覚える必要があります。

 これ以外にも、アンサプでアシレンを蘇生することを前提とした山札の積み方とか、ちょうど今日発売された《コードアンチ メイジ》の使用を踏まえた積み方とかいくつもあるんですが、ちょっと記事が長くなりすぎてしまうので詳しくは割愛します。
 軽く説明すると、例えば③の積み込みに対して相手がネクトレ2発を撃ってきた場合、アンサプアシレンで「アシレン→ヨグソトス→1兵器→3兵器」と積み込みアシレンをドロー、次のターンにアシレンヴォイニをドローしアシレンで「2兵器→アシレン→ヴォイニ→4兵器」と積み込みヨグソドロー、ヴォイニで3枚落としてアシレンドロー……とすることで、ウムルを捻らずループに入ることができます。

※メイジの効果よく見たら処理後にデッキシャッフルしてた……メイジ積み込み考えてたやつ全部パーです。対戦ありがとうございました。


■ループまとめ■

 要するに、ループしたいなら「ループの始発点」「ループの終着点」の2つを意識する必要があるわけです。よく使うであろう入り方・締めくくり方はある程度パターン化して覚えてしまうのがいいでしょう。
 素引きで山札を1枚にしてループだなんて、考えても成立するワケがありません! 環境にはウリスがいて、ネクトレがあって、アンサプがあって、たまにアラクネまで出てくるんですから。

 ただ、知ると知らないでは大違いなことも確かです。使える状況を見極めて楽しくループしましょう!
 それでは、またの機会に。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

テラタカ

Author:テラタカ
ブログIDはclustertypeTにするつもりがタイプミスしました

WIXOSSめいんのかーどげーむぷれーやー
他の趣味としては長期人狼もやってます
基本はでっきおきばれぽおきば

各記事引用ふりー(とか書かなくても勝手に皆引用するか)

twitter:@terratakk
人狼BBS:terratakk

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。