FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラボパ使用デッキ

 いつも通り追記から。

 シラクラ君の緑子とか僕ほぼノータッチだし、他の2レシピはあんまり前のレシピと変わってないから、軽くだけ説明を入れます。





先鋒/緑子
中堅/ピルルク
大将/ウリス


■先鋒■
シャブり子

 シラクラ君が「シャブクラ」ってHNで出たこととかが理由で、なんか「シャブり子」っていう愛称で定着してしまったデッキ。

【レシピ】
-LB
《幻獣神 オサキ》×4
《幻獣神 ウルティム》×1
《幻獣 ミスザク》×3
《幻獣 コマリス》×4
《幻獣 ハチ》×4
《サーバント O》×4

-非LB
《幻水 グレホザメ》×1
《幻獣 ベイア》×4
《幻獣 コサキ》×4
《幻獣 ミャオ》×4
《幻獣 モンキ》×2
《サーバント T2》×1
《サーバント O2》×4

-LRIG
《緑子》
《一ノ娘 緑姫》
《二ノ娘 緑姫》
《三型播種娘 緑姫》
《四型貫女 緑姫》
《スピリット・サルベージ》
《因果応報》
《多元描写》
《暴風警報》
《一蓮托生》


【デッキを握った経緯】
 中堅がピルルク、大将がウリスでほぼ確定していたため、本人の肌に合う強いデッキを探してたら秋葉イエサブWPS優勝のデッキが出てきて、これ詰めたら強そうだよねという話からこれを使用することに。


【キーカード解説】
・《幻獣神 オサキ》
 前まではスペルによるループで環境ワントップの座にいたこの子ですが、今回はスペルを1枚も使わないため役割は別になります。
 このデッキにおける一番の役割は「コサキの種」で、特にコサキ効果でオサキ2枚を6コストとして使用することで因果応報をたったの6エナで撃ち出すために使われます。
 次に重要な役割は「出現時の1エナカード回収」で、コサキ・オサキ共にこの効果を持っているためにハンドリソースを枯らさず盤面を展開することが可能です。最悪オサキかコサキが手札に1枚あれば出す→コサキorオサキを回収→ベイア回収→エクシードランサーで3エナ回復という綺麗な盤面を作ることもできます。
 山札回復効果も使用機会は意外とあり、例えば序盤エナからグロウコストとして落ちたウルティムを回収したい時とかに、起動でデッキ戻し→一蓮托生でエナに置く→コサキで回収という流れで手札に加えることができます。そしてリフレッシュ効果のケアにも。
 総じて、前と使い方は全然違うといえどやっぱり強力なカードです。

・《幻獣神 ウルティム》
 元々のレシピに入っていなかった枠で、シラクラ君がイチオシしていたカード。
 単純に相手のライフが0になった際に立てることで面を空けずにトドメまで持っていけます。また、「相手のライフが2以下の段階で因果応報→これとベイアとなんかを適当に出して、貫女エクシードで全体ランサー→ゲインを殴り飛ばしつつアップしてトドメ」というルートを採用することで、ゲインを出して安心しているタマを無理矢理ブチ抜くことができます。
 なお、相手のライフが3あるとアップしたウルティムの前にヘスチアを蘇生されるので、このルートを使用する場合はライフを最低2までは削りましょう。

・《幻水 グレホザメ》
 具体的には相手のリソースを極限まで抑えるカードです。
 コサキを絡めた軽い因果応報が撃てる関係上、このデッキは因果応報→スピサル因果応報という殺人的なプランを採用することが結構あります。そのいずれか、あるいは両方の因果応報後のタイミングにおいて、相手がLBからリソースを回復することを避けるためにこのカードを置いて殴りに行きます。
 このカードだけは唯一トラッシュに置かれた時点で回収が効かなくなるため、使う時は大事に使いましょう。詰めるタイミングでしか使わず、また托生でサーチが効くためウルティムとサメはそれぞれピン投という結果になりました。

・《幻獣 コサキ》
 オサキから因果応報フィーバーをする役であると共に、姉と同じようにエナ回収役も果たしてくれる強力シグニ。このデッキを使用するにあたって最重要のキーカードです。
 キーカード、なんですが……オサキのところで役割を書いてしまったので、これ以上書くことはなさそう。
 余談として、名古屋の某プレイヤーは三花代にこのカードからいきなり因果応報を撃たれて面白キルされたっつってキレてました。

・《幻獣 ミャオ》
 唯一僕が構築に介入した枠。シラクラ君が3にしていた枠を無理言って4に。2枚引いても意味がないカードで、そういう意味では3のほうが適切に思えます。
 けれど、ミャオが序盤に刻む1点が重要に感じる部分が結構多くて、特にタマ相手にライフを2まで削らせたいとき・ウリスに因果応報スピサル因果応報プランを使う際、エクシード2回とペナチャンをされても詰めまでしっかり持って行きたいときなんかのためにも絶対引きたいカードだったので、回してもらった感想として4必要じゃないかなぁと感じました。

・《三型播種娘 緑姫》
 普通に前の緑子でも3でアド取れるし、貫女回収の範囲を広げたいなら前のやつのほうがよくね? という疑問が出やすいカードです。
 単純にこちらを採用することで割裂のケアがしやすいというのが最大の理由になります。エナチャージ→エクシードからの2エナチャージ→托生をすれば8エナまで伸び、オサキorコサキをトップしていればそこからシグニ展開を行いつつ因果応報まで繋ぐことができます。

・《四型貫女 緑姫》
ぼくゴリラ
 ウホホイウッホ
  ウホホホホ
ウッホホウッホ
 ウホホホホーイ

・《一蓮托生》
 アーツについては全部他の択がほぼなさそうなので説明する必要ない気もするんですが、せっかくなのでこいつだけ。
 貫女出現時、またオサキコサキで回収するカードを持ってくる役割、コサキ因果応報の際にオサキを持ってくる役割、グロウ事故の回避、その他いくつも役割がある非常に強力なカードです。
 アダマスフィアオリハルティアもそうですが、環境で常に見かけるようになりましたねって感じ。


【投入候補だったカード】
・《増援》
 オサキのエナチャ効果を無駄にしないためのカードであると同時に、トップから引いたときサメやウルティム・オサキなどを持ってこられるカードとして、採用が迷われた枠です。
 トップが弱いということはそれほど多くなく、アドバンテージになるモンキを採用する方向で決まったため採用せず。

・《アイドル・ディフェンス》
 単純にエナが伸びるなら入れ得といったイメージのカードですが、多元・暴風・スピサルでかなりの範囲の相手を見ることができるためわざわざ入れるまでもないと判断され不採用。小回りが効かないのは微妙でした。



■中堅■
青黒Λ

 ぼくの使用デッキ。

【レシピ】
-LB
《コードハート A・M・S》×3
《コードハート V・A・C》×2
《コードハート M・P・P》×1
《コードアート H・T・R》×1
《コードアート G・R・B》×4
《SEARCHER》×1
《コードアンチ メイジ》×1
《コードアンチ ドロンジョ》×1
《サーバント T》×1
《サーバント O》×4
《サーバント O3》×1

-非LB
《コードアート C・L》×4
《幻水 グレホザメ》×1
《コードアート M・M・R》×1
《PRECIOUS》×1
《THREE OUT》×2
《RAINY》×1
《CRYSTAL SEAL》×2
《コードアート †A・L・C・A†》×2
《コードアンチ アステカ》×1
《烈情の割裂》×1
《三剣》×2
《サーバント O2》×2

-LRIG
《infected WIXOSS》
《コード・ピルルク・K》
《コード ピルルク・Β》
《コード・ピルルク Δ》
《コード・ピルルク Λ》
《アイドル・ディフェンス》
《ドント・エスケープ》
《ブルー・パニッシュ》
《フォーカラー・マイアズマ》
《ペナルティ・チャンス》


【デッキを握った経緯】
 デッキパワーの高いデッキを握ろうと決めた際、一番ピルルクに慣れているのが僕だったためそのまま決定。


【キーカード解説】
・《コードアート H・T・R》
 前回入ってなかったカードのみ解説していきます。
 まずHTRですが、単純にALCAが入ったことによってピン投カードを拾って使える機会が増えたことが大きく、サメホタルプランがとりやすくなったためOSS枠とか完全に押しのけて投入。
 自分のリソースを伸ばせるカードでもあり、滅茶苦茶強いです。ちなみにピルルク効果以外で凍結を行えるカードは存在しません。
 タマ相手にサメホタル12000のラインを並べることで点数要求orゲインバニッシュの二択を常に突きつけることができ、試合スピードを上げることが可能です。

・《幻水 グレホザメ》
 HTRと絡めた連続パンチで相手の点数を無理矢理もぎ取る役割のほか、シラクラ君と同じように点数を詰める際相手のLBをケアする役割も持ちます。
 また、同型においてこのカードを立てておくとリソース回復にも役立つため、ALCAでデッキの動く幅が大幅に増えた以上は入れるしかありませんでした。

・《コードアート †A・L・C・A†》
 メイジ起動のためにもマイアズマを撃ちやすくするためにも重要な黒エナになり、しかもGRBでめくれば回収できます。
 このカードが入ったことで上記のようなピン投カードを採用したプランを作りやすくなり、おまけに5枚目以降のCLになり、しかも序盤からダメージレースを展開していきたい相手に対しては除去能力も持っています。
 おまけにパワーは8000と十分なラインにある最強カードです。強すぎて3枚入れたいレベルで強いです。
 細かいことですが、山札が残り1枚の時に無理なくリフレッシュしたいような場合でも使います。
 VACの2枚目が勝手にトラッシュに落ちてキレることが時々ある、というのが目下最大の悩みですね。

・《フォーカラー・マイアズマ》
 単純にカードパワーがアンサプより圧倒的に強く、またALCAのおかげで黒が増えて撃ちやすくもなったため採用した1枚。前の段階から入れたいなと思っていたカードではありました。
 このカードのおかげでウリスのディアボ相手も立ち回りがしやすくなったところがあります。
 また、マルチエナが1枚減った関係でゼノマルが抜けたので、MPPを処理する役割もこいつに一任されることになりました。

・《ペナルティ・チャンス》
 タマ相手にアイドルアズマで構えるのは流石に辛いな……ということで採用。同型・マユの2つの相手に強く、またウリスが最近採用し始めたらしいデザイアに対しても刺さり、緑子の因果応報プランを潰すためにも必要になってきます。
 腐る相手にはもちろん腐りますが、アズマを入れるなら必須の枠なんじゃないかと思います。


【投入候補だったカード】
・《コードハート M・P・P》
・《フィア・ヴィックス》

 どちらも強力なメタカード枠で、前者は赤相手と同型に、後者は緑相手に強力に刺さります。
 ルリグ被り禁止のチーム戦という関係上ピルルクのシェアが1/3を絶対超えない・スノロップを入れたデッキは不安定なため使用プレイヤーが少なくなると予想した、という2つの理由から、今回はメタカードの枠を最小限に抑えた構築にしました。

 ただ、なんだか今後はシャブり子が流行しそうな雰囲気があるので、もしそうなら増量せずに今のレシピで戦えるんじゃないかと思ったりもしてます(笑)

・《スピリット・サルベージ》
 マイアズマってカード自体が滅茶苦茶強かったので、2回使えるなら2回使いたいなぁって考えた枠です。
 ただ、ペナチャンが抜けない関係上枠としてアイドルを抜くしか選択肢がなく、轢き殺してくる相手に対してスピサルでは弱いと感じたため不採用。



■大将■
ウリスブラック

 なぜかウリスブラックって名前で割と通じる焦熱ウリス。らいだぁさんがダガを投げたとき、「まあチーム名ウリスブラックだからな……」みたいなことを言われた試合があったらしい(笑)

【レシピ】
-LB
《弱者の必滅 ディアボロス》×3
《堕落の砲女 メツム》×2
《堕落の虚無 パイモン》×2
《堕落の才女 ルシファル》×1
《破戒の轟牙 シヴァ》×1
《フィア=ヴィックス》×1
《アイン=ダガ》×4
《大罪の所以 バアル》×4
《サーバント O》×2

-非LB
《明滅の罪雅 ダエワ》×1
《三首の連打 ケルベルン》×3
《破戒の水辺 パルヴァ》×2
《破戒の韋駄 スカンダ》×1
《堕落の消滅 アリトン》×4
《バイオレンス・ジェラシー》×1
《デス・バイ・デス》×2
《サーバント T2》×1
《サーバント D2》×1
《サーバント O2》×4

-LRIG
《infected WIXOSS》
《灼熱の閻魔 ウリス》
《黒縄の閻魔 ウリス》
《三途の閻魔 ウリス》
《焦熱の閻魔 ウリス》
《スピリット・サルベージ》
《フォーカラー・マイアズマ》
《グレイブ・ガット》
《ブラッディ・スラッシュ》
《ペナルティ・チャンス》


【デッキを握った経緯】
 本人がウリス以外握る気がなかった。強かったし問題もなかった。


【キーカード解説】
・《堕落の虚無 パイモン》
 2枠になりました。
 蘇生から出てくる一番硬い子で、赤や青相手に出しておけば安心できる機会は多いためただ強として増えた枠です。

・《アイン・ダガ》
 4枠になりました。結果としてパイモン・ダガの2枚を増量するために阿吽が抜けた形になります。
 結局のところタマ相手も序盤に点数を通しまくってヘスチアを無力化・鯖の毎ターン要求を行い続けるプランが一番良いのではないかという話になり、また序盤に圧力を掛けることで時間切れの防止にもなることから増量。
 結果としてダガでめっちゃ詰めまくれたことが勝ちに繋がったみたいなので、選択としては正解だったんだなあと思います。


【投入候補だったカード】
・《堕落の砲女 サキュ》
 使用者であるらいだぁさん本人が1番好きなシグニってだけです(笑)
 本当に直前までピン投されてたんですが、彼女の枠はダガに消えました。以上です(笑)



 3人のデッキレシピと簡単な解説は以上になります。
 ピルルク・ウリスについての詳しい解説は僕が前の記事でやっているため、興味があったら下記リンクからどうぞ。

 ウリス記事
 ピルルク記事

 緑子についてはシラクラ君本人に聞いてみてください。本人はついこないだツイッターアカウントの鍵を外してたので、探せば見つかるはずです。

 それでは。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

以前の記事からそうでしたが、
ディアボロスは「弱者の必衰」ではなく「弱者の必滅」ですね

No title

>名無しさん

うわああほんとだ! 滅するんだこいつ。そりゃそうだ!

ありがとうございます。ちょくちょく訂正していきます。
プロフィール

テラタカ

Author:テラタカ
ブログIDはclustertypeTにするつもりがタイプミスしました

WIXOSSめいんのかーどげーむぷれーやー
他の趣味としては長期人狼もやってます
基本はでっきおきばれぽおきば

各記事引用ふりー(とか書かなくても勝手に皆引用するか)

twitter:@terratakk
人狼BBS:terratakk

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。